5月1日発売 ≪まぼろしの厳島大仏≫ 山田 道信 著者、    [i-phone用][姉妹編] 【 ①pdf②pdf 】
5月1日より全国書店で販売

随筆古文書紀行

まぼろしの厳島大仏
      (文芸社 定価 600円+税)

宮島「大仏原」から消えた

丈六仏≪厳島大仏≫の行方

を求め秘められた謎の歴史

を繙く。その仏は海を渡った・・

     生涯学習一級インストラクター 山田 道信 著者(Yamada Michinobu)


(5月1日より全国書店で発売。ご一読いただき、 面白ければ知人にお勧め下さい)



随筆古文書紀行    江戸人の伝言


生涯学習一級インストラクター
   山田 道信 (Yamada Michinobu)


はじめに

 「古文書」について、どんなイメージを持っているかと尋ねたことがある。ある人は「裸電球の下で一人ぽつねんと読み耽っている暗いイメージだ」と言う。古文書の古が良くない。では、故文書に替えたらどうかと言ったら、それでも同じだろと言われた。ならば、漢字クイズみたいに、お笑い芸人に取り上げて貰ったら、少しは人気も出ように。ムリだねと笑う。  併し、古文書を読みたいと、毎年とっかゝる人は多い。だが一二年で大概の人は止めてしまう。五年以上も続く人は稀である。そんな少数の人のみでなく、より多くの人に古文書の楽しみ方で、こんな仕方も有ることを知って貰いたいと思 う。古文書は、その土地、その時代のなま生の息遣いを伝えてくれる。これが血の通った真の歴史だと実感させてくれる。このことを本書が少しでも伝えることが出 来たら幸いである。

江戸人の傳言 
  

   目  次

  プロローグ
  お百姓さんからの伝言
    古文書「御旧記(ごきゅうき)」
    なんいとう
    不思議のお月様
    大虫送り
       実盛人形送り
      ばれん
     たうゆさん
     虫送りされる虫たち
     虫送り年中行事の一例
    宮島の祇園祭
      まえがき
     宮嶋まつり
     御共舟
     じのごぜ
     ぎおんまつり
     地御前神社の祭
     馬とうばず
     問題の転移
     御陵衣祭
     地御前に祇園祭り
     厳島神社と流鏑馬
     馬とばし
      あとがき


随筆古文書紀行(江戸人の伝言 )  ①pdf  ②pdf
   クリックした後 ズーム倍率など見やすくしてご覧ください。



同一 HPリンク  1-em① iphone   fc2① iphone   webcrow① iphone   xdomain① iphone   sitemix① iphone   bob.buttobi① iphone  

Copyright(c) 2014  随筆古文書紀行ー江戸人の伝言ー Y.M.