温故知新      世界最高の  〇 名ピアニスト 31 〇 ピアニスト 10 〇 超絶技巧ピアニスト 25  〇 超絶技巧 ピアニスト YouTube

ヘミング (すばらしいピアニスト)
  Fujiko-Hemming (Great pianist、Große Pianisten)
・コンサート情報(2016)、   ・ ミックスリスト - Ingrid Fujiko Hemming 1~36  ( 動画)、
・クラシック(フジコ・ヘミング) 1~17、  ・ フジコ・ヘミング 1~13  (動画)

現在、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けているピアニストの一人である。
希望の光を灯す 魂のピアニスト、聴いた人が涙を流すピアニスト(生年月日: 1932年12月5日 (84歳))
音と音との透き間の音が聞こえ音楽がみずからの内部に回帰していくその奇跡が感じられる。




☆ 奇跡の復活~フジ子・ヘミングの軌跡~ (1/12~12/12 )YouTube
2003年10月17日に、フジテレビ系で波瀾万丈の半生がテレビドラマ化された。スペシャルドラマ『フジ子・ヘミングの軌跡』はフジ子役を菅野美穂が演じて20.1%の高視聴率を記録した。どん底をさまよい栄光を得る。どん底と光、愛と哀しみ、喜びと絶望、聴力の80パーセントを失うなどー激動の人生ー。
☆ フジコ~あるピアニストの軌跡 (1.flv ~5.flv) (5.flv .ラ・カンパネラ:)、YouTube
1999年2月11日にNHKのドキュメント番組『ETV特集』「フジコ〜あるピアニストの軌跡〜」が放映されて大きな反響を呼び、フジコブームが起こった。その後、 発売されたデビューCD『奇蹟のカンパネラ』は、発売後3ヶ月で30万枚のセールスを記録した。

フジコ・ヘミング公式サイトファンのホームページ(コンサート)フジ子・ヘミング百科事典Fuzjkoi-Hemming: Wikipedia

・クラシック(フジコ・ヘミング) 1~17、YouTube
(1.ラ・カンパネラ、2.ショパン 「別れの曲」 、3.トロイメライ(シューマン) 、4.乙女の願い 、5,華麗なる大円舞曲(ショパン) 、6.ピアニスト《フジコ・ヘミング》 、7.子犬のワルツ、8.「革命」「木枯らし」 、9.ため息(リスト) 、10.ソナタ ホ長調(スカルラッティ) 、11.いずこへ 、 12.雨だれのプレリュード、13.ピアノ協奏曲第5番(皇帝)~第3楽章、14.ハンガリー舞曲 、15.ショパン 黒鍵 、16.交響曲第6番 田園 第一楽章 、 17.絵画集~エリーゼのために、)
・フジコ・ヘミング 1~23、YouTube
・ミックスリスト - Ingrid Fujiko Hemming : YouTube


DVD、CD゙をお勧めします。
☆ フジコ・ヘミング公式サイト、コンサート最新情報、 DVD、CD、
☆ ドイツの公式ウェブサイト DVD、 ☆ CD1、 ☆ CD2、
☆ オフイシアルホームページCD、DVD
☆ Fujiko-Hemming (amazon) CD、DVD、ダウンロード
☆ フジ子・ヘミング (amazon) CD、DVD、ダウンロード
☆ フジコ・ヘミングの世界 CD全


語録[編集]
・「私はミスタッチが多い。直そうとは思わない。批判する方が愚かしい」。 ・「ぶっ壊れそうな鐘があったっていいじゃない、機械じゃないんだから」(『ラ・カンパネラ』について)。 ・「私の人生にとって一番大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。自分より困っている誰かを助けたり、野良一匹でも救うために人は命を授かっているのよ」。 ・「一つ一つの音に色をつけるように弾いている」。 ・大好きなピアニストに、「サンソン・フランソワ」と答えている。 ・(「あなたにとってピアノとは?」と訊かれて)「猫達を食わせていくための道具ね」。 ・「それでも私は、永遠に、永遠に生きて永遠に、弾くことは出来るわよ。」
F.H
フジコ・ヘミング、本名イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミングは、日本とヨーロッパで活躍するピアニストである。日本名は大月 フジ。 父親がロシア系スウェーデン人で母親が日本人のハーフ。ベルリンで生まれる。スウェーデン国籍。俳優の大月ウルフは実弟。歌手の橋本潮は従姪。 ウィキペディア
生年月日:1932年12月5日 (84歳) 生まれ:ドイツ ベルリン

経歴
幼少時代
5歳の時に日本に移住する。ところが父は我が国になじめなかったのか家族3人を残し一人スウェーデンに帰国してしまう。以来、母と弟と共に東京で暮らし、母・投網子の手ほどきでピアノを始める。また10歳から、父の友人であり、ドイツで母のピアノを師事したロシア生まれのドイツ系ピアニスト、レオニード・クロイツァーに師事する。以後、芸大在学時を含め、長年の間クロイツァーの薫陶を受ける。

学生時代
青山学院緑岡尋常小学校(現・青山学院初等部)3年生の時にラジオに生出演し、天才少女と騒がれる。1945年2月、家族と共に岡山に疎開する。同年4月、岡山の高等女学校に入学し、そのまま学徒動員される。終戦後、青山学院高等女学部(現・青山学院中等部)に転校。青山高女5年修了で、新制・青山学院高等部3年に進級する。高等部在学中、17歳で、デビューコンサートを果たす。東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)在学中の1953年には新人音楽家の登竜門である、第22回NHK毎日コンクールに入賞をはたし、さらに文化放送音楽賞など、多数の賞を受賞した。東京音楽学校卒業後、本格的な音楽活動に入り、日本フィルハーモニー交響楽団など多数のオーケストラと共演。かねてよりピアノ留学を望んでいたフジコだったが、パスポート申請時に無国籍であったことが発覚する。
その後、留学の機会を伺いつつピアニストとして音楽活動を行っていたが、1961年に、駐日ドイツ大使の助力により、赤十字に認定された難民として国立ベルリン音楽大学(現ベルリン芸術大学)へ留学を果たした。卒業後、ヨーロッパに残って各地で音楽活動を行うも、生活面では母からのわずかな仕送りと奨学金で何とか凌いでいたという、大変貧しく苦しい状況が長らく続いた。フジコは「この地球上に私の居場所はどこにもない...天国に行けば私の居場所はきっとある。」と自身に言い聞かせていたと話している。

ヨーロッパでのピアニスト時代
その間、ウィーンでは後見人でもあったパウル・バドゥラ=スコダに師事した。また、作曲家・指揮者のブルーノ・マデルナに才能を認められ、彼のソリストとして契約した。しかしリサイタル直前に風邪をこじらせ(貧しさで、真冬の部屋に暖房をつけることができなかったためとしている)、聴力を失うというアクシデントに見舞われ、やっとの思いで掴んだ大きなチャンスを逃すという憂き目を見た。
既に16歳の頃、中耳炎の悪化により右耳の聴力を失っていたが、この時に左耳の聴力も失ってしまい、フジコは演奏家としてのキャリアを一時中断しなければならなくなった。失意の中、フジコはストックホルムに移住する。耳の治療の傍ら、音楽学校の教師の資格を得て、以後はピアノ教師をしながら欧州各地でコンサート活動を続ける。現在、左耳は40%回復している。

日本への帰国後のブレイク
母の死後、1995年に日本へ帰国し、母校東京芸大の旧奏楽堂などでコンサート活動を行う。
1999年2月11日にNHKのドキュメント番組『ETV特集』「フジコ〜あるピアニストの軌跡〜」が放映されて大きな反響を呼び、フジコブームが起こった。その後、発売されたデビューCD『奇蹟のカンパネラ』は、発売後3ヶ月で30万枚のセールスを記録し、日本のクラシック界では異例の大ヒットとなった。第14回日本ゴールドディスク大賞の「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」他各賞を受賞した。
やがて、1999年10月15日の東京オペラシティ大ホールでの復活リサイタルを皮切りに、本格的な音楽活動を再開し、国内外で活躍することとなる。2001年6月7日にはカーネギー・ホールでのリサイタルを披露する。現在、ソロ活動に加え、海外の有名オーケストラ、室内楽奏者との共演と活躍は続く。
また、2003年10月17日に、フジテレビ系で波瀾万丈の半生がテレビドラマ化された。スペシャルドラマ『フジ子・ヘミングの軌跡』はフジ子役を菅野美穂が演じて、20.1%の高視聴率を記録した。
2013年に自身のCDレーベル「ダギーレーベル」を発足。アルバム第1作「フジコヘミング スペインカメラータ21オーケストラ」を国内外でリリース。


 補足: 
〇 Fujiko Hemming コンサート情報(2016) 〇ミックスリスト 1~36 〇クラシック(フジコ・ヘミング) 1~17 〇フジコ・ヘミング 1~13
〇世界最高のピアニスト 10 〇世界の名ピアニスト 31 〇超絶技巧を持つ最高のピアニスト 25  〇超絶技巧 ピアニスト YouTube

江守孝三 emori kozo