マクモニーグル 予言 日本(画像)(動画)

 リモートビューイング(遠隔透視)で知られ、「FBI超能力捜査官」の異名をとる米国人サイキック、ジョー・マクモニーグル氏。彼の著書『未来を透視する』(ソフトバンク)は2006年に邦訳が出版され、すでに10年の月日が流れているものの、なんとそこで語られている予言は21世紀の後半まで。まさに「予言の宝庫」というべき本である。特に「日本とアジアの未来」と題した第二章は、日本版のために書き下ろされたもので、この国の未来について言及した項目が、災害も含めて多数含まれている。その中から、2017年前後に起こるものを紹介したい。

■マクモニーグル氏の予言と“誤差”について

McMoneagle.jpg
未来を透視する』(ソフトバンク クリエイティブ)

 さて、マクモニーグル氏はバージニア州の自宅に居ながらにして、遠くの場所で起きていることを透視したり、未来の出来事を予知することができるとされる。本書はもともと、過去10年以上にわたる透視の成果とセミナーや講演会で発言した記録をまとめた本として、1998年に米国で刊行された。この原書の内容を再構成して、前述のように日本の読者のために新たに第二章を加えて完成したのが『未来を透視する』だ。

 あらかじめ私見を述べておくが、筆者が40年以上にわたって超常現象を研究してきた結果としていえることは、「20○○年に○○○○が起きる」のように“年を指定した予言”は、的中させるのが極めて難しい。そのため、起きるとされた出来事が指定された年から数年ずれて起きた場合でも、“誤差”として予言的中とみなすべきこともある。マクモニーグル氏が本書で語る予言も、(後述のように年単位で地震や津波が起きると断言しているものもあるが)同様に誤差を考慮するべきだろう。実際、マクモニーグル氏自身も、年代は5年程度のズレを考えておいた方がよいと語っている。


■マクモニーグル氏の予言、過去の的中例

 まずは、これまで的中したと思われるマクモニーグル氏の予言をいくつか紹介したい。誤差を考慮して、2022年くらいまでの予言を紹介することもある。

予言
新東京タワー(筆者注:スカイツリーのこと):私の透視によれば、2011年までに起きる自然災害によって、完成は2年先にずれ込むようだ。また、完成時には当初の予定よりもっと高くなっている。

【結果】
 スカイツリーの着工当初は高さ610mとする予定だったが、2009年に計画が見直され、634mに変更された。また、2011年末の竣工予定だったが、東日本大震災によって損傷が起きていないか点検が必要となったために、実際の竣工は2012年2月29日となった。
【解説】
 高さが当初の予定よりも24mほど高くなったことや、自然災害(東日本大震災)の影響で竣工が遅れたことまで、ズバリ的中していることは見事というしかないだろう。

【予言】
日本を襲う津波:2008年夏に津波11.2m

【結果】
 2010年2月27日、チリ中部沿岸でM8.5の地震発生。津波の高さは、高知県で128cm、岩手県で120cmを記録。

【解説】
 日本各地で津波が現実に観測された。その高さこそ小規模だったものの、約2年弱の誤差ということで、的中としてもよいかもしれない。

【予言】
日本を襲う津波:2010年晩夏に津波13m

【結果】
 2011年3月11日、 東日本大震(M9.0)が発生。主な津波の高さは、福島県・富岡町で21.1m、岩手県大船渡市で16.7m、福島県双葉町で16.5m。
【解説】
 時期的な誤差は約半年、津波の高さは予言の13mをはるかに上回る。これは十分に的中といえる予言だろう。

【予言】
今後日本で発生する大地震:2010年初夏、長野市北東35Kmで震度7

【結果】
 2011年3月12日、 長野県北部でM6.7、最大震度6弱の地震が発生。

【解説】
 東北地方太平洋沖地震の翌日に発生した地震だが、誤差は8カ月ほどなので的中したといえるだろう。震度の予測も現実に近いものだった。

【予言】
日本の自然災害:2011年は過去に例を見ない台風ラッシュとなる。2012年にずれ込む可能性も

【結果】
 2013年は台風の数が31個と、21年ぶりとなる記録的な数だった。1年あるいは2年の誤差があったが、的中といえるのではないか。

【予言】
2015年までに、企業や官公庁などの建物に入るときは、必ず網膜や静脈パターンの認証が必要になる

【結果】
 2014年に日本赤十字社が献血者の本人確認のために指静脈認証の採用を開始した。
【解説】
 1年の誤差で「静脈パターンの認証」が的中したことになる。網膜スキャン技術については、本書の日本語版刊行前からすでに実用化されていたため、除外とする。

2017年前後についての予言(海外)

 ここからは、いよいよ未来についてマクモニーグル氏が語っている予言を紹介する。

【予言】
今後100年間に起きる地震:2018年、カターニア付近(イタリア

【解説】
 カターニアとはイタリア東部、シチリア島東部にある都市だ。1908年にカターニアの北、数十kmの地点でM7.0の地震が起きており、その後100年ほどは大きな地震が起きていない。

【予言】
今後100年間に起きる火山噴火:キリマンジャロ山(タンザニア

【解説】
 これはかなり大胆な予言だ。というのも、独立峰としては世界一の高さ(5895m)を誇るキリマンジャロ山は、この200年間は噴火していないからだ。だが活火山の一つであり、山体を構成する3つの山のなかで最高峰であるキボ山は、現在も噴煙を上げるなどの活動が見られる以上、可能性はゼロではない。

【予言】
今後100年間に起きる地震:2022~2023年、サンフランシスコ(カリフォルニア州)

【解説】
 サンフランシスコでは1906年にM7.7の大地震が発生した。カリフォルニア州では、サンアンドレアス断層が動くと巨大地震が発生する恐れがあると考えられているが、今後50年以内にM9クラスの巨大地震が発生する確率は75%とする予測もある。

2017年前後についての予言(日本)

 では最後に、日本の未来についてマクモニーグル氏が語っている予言を紹介しよう。

【予言】
日本を襲う津波:2018年秋、高さ10.5m

【解説】
 津波が起こる場所は特定していないが、本文中では「津波に弱い地域」として、徳島市・和歌山市・浜松市・鈴鹿市(以上は南海トラフ地震の想定地域)・北海道北部沿岸・新潟市・石巻市を挙げている。過去の的中事例に鑑み、1年ほどの誤差も考慮して2017年に起きる可能性を考えておくべきだろう。津波がもっとも起こり得る地域としては、やはり南海トラフ地震の想定エリアに注意しておくべきかもしれない。


【予言】
今後日本で発生する大地震:2018年晩夏、東京都の西40kmで震度6弱の地震

【解説】
 実際に起きるとすれば、これは首都直下地震といっても差し支えないだろう。「西40km」の基点が不明だが、仮に東京駅あるいは皇居とするならば、だいたい多摩地区の八王子市あたりが震源となる。

【予言】
今後日本で発生する大地震:2020年夏、市川市の北東10kmで震度6弱の地震

【解説】
 この地震も、現実になるとすれば前項同様に首都直下地震となり得るものだ。60年前には市川市付近でM7.5の大地震が起きており、可能性としてはあり得るだろう。
【予言】

新東京タワー:2020年よりも前に、新たな自然災害によって深刻な損傷を受ける

【解説】
 2020年といえば東京オリンピックが開催される予定だが、それ以前にスカイツリーに深刻な損傷をもたらす災害といえば、首都直下地震としか考えられない。そのような大地震が東京を襲えば、東京オリンピックは当然中止に追い込まれることだろう。


 以上、本書には災害のほかにも政治・経済や多岐にわたる分野の予言が、紹介しきれないほど載っている。すでに絶版となっているが、古書などで一読することを強くおすすめしたい。たしかに、予言の中にはとても的中しそうにないものもある。しかし、10年も前に出版された本でありながら、東日本大震災の津波や、震災によるスカイツリーの竣工遅れまで的中している点を軽視するべきではない。今後、マクモニーグル氏の予言が現実にならないことを祈るばかりだ。

百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。ブログ:『探求三昧』、『防災三昧』、Web:『沙龍家』、Twitter:@noya_momose

2017 FBI超能力捜査官 ジョー・マクモニーグル スカイツリー

ジョー・マクモニーグル , スカイツリー , 予言

予言 地震 津波

地震 , 津波 , 百瀬直也


 FBI遠隔透視捜査官マクモニーグルが未来を透視した2016年以降まとめ 

2016年
小惑星、地球にニアミス
この年までに大半の日本人が英語も話せるようになっている。
この年までに人間と同じ病気にかかってしまうような超精密な等身大ロボットが開発される。
細胞が成長して情報を記憶することができる。

2018年
シチリア島カタニア付近の大地震
晩夏、東京都西40km、震度6弱
この年ごろから世界通貨導入に関する討議が始まる
この年ごろ、ニッポン、離婚率の上昇頭打ち
この年までにニッポンの技術者がマイクロ核発電機の製造法を発見
日・米・中の三か国間通商同盟が形成される
晩夏、東京都西40km、震度6弱
秋に10.5mの津波 東海地震
この年ごろから世界通貨導入に関する討議が始まる

2020年
安楽死法的認可
建材の約45%は再生資材になる
UFOが地球外宇宙機である十分な確証が得られる
この年までに全てのTV番組は双方向通信
夏、市川市北東10km、震度6弱
この年までに水戦争が少なくとも1度は起きる
この年までにWTO(世界貿易機関)は国連より重要な存在となる)
この年までにニッポンの自動車保険料が大きく高騰
この年までにアジア全域で英語が共通の主要言語として用いられる

2025年
この年より前に米国では付加価値税が導入される
結婚は宗教的、政治的な祝福を必要としなくなる
この年までにプロボクシング、直接的な打撃を許容する格闘技、レスリングは廃止
あらゆるソフトウェアは音声操作が可能
この年までには少なくとも7カ国で超能力が情報収集活動に活用される
キリスト教徒の数激減
この年まで日本の犯罪率は年約2%増加
この年までに世界人口は105億突破
この年までに日本の漁業は幕を閉じる

2030年
この年までに世界初の海上都市日本で完成
大多数の共用言語は英語にこの年までに雑誌は全て電子的配給
プルトニウムと反物質を使った新型核兵器の威力が明らかになる
米国の3大政党時代
米国の大手銀行は4つになっている

2035年 
大陸間飛行に超音速機が利用
人類の種としての存続が大きな課題になる
火星には一時期生命がいたが発展には至らなかったことが判明
この年までにCIA廃止

2037年 
初秋、鈴鹿市南西8km、震度7

2039年 
名古屋~松阪の間の大地震