[温故知新TOP]
    ユダヤJudea・ユダヤ人Jews・ユダヤ教Judaism、  フリ-メイソンFreemasonryイルミナティIlluminatiユダヤ史書籍 日猶同祖論(にちゆどうそろん) イルミナティカードIlluminaticardイルミナティカード日本Illuminaticard-Japanイルミナティカード最新(YouTube)

ユダヤ

〇 ユダヤの訓(おし)え 「大物」になる勉強法 加瀬 英明 (著)
〇 ユダヤ人大富豪の教え 本田 健 (著)
〇 ユダヤ大事典 ユダヤ大辞典編纂委員会 (編集)
〇 ユダヤ人に学ぶ日本の品格 エリ=エリヤフ コーヘン (著), 藤井 厳喜 (著),その他
〇 世界の実力者たちに秘かに伝わるユダヤの言葉スティーブ・モリヤマ (著)
〇 アメリカ・ユダヤ人の政治力佐藤 唯行 (著)
〇 アメリカ・ユダヤ人の経済力佐藤 唯行 (著)
〇 真のユダヤ史(ユースタス・マリンズ (著), 天童 竺丸 (監修, 翻訳))
〇 シオンの議定書 (四王天 延孝(原訳) (著), 天童 竺丸 (監修, 翻訳) )
〇 闇の世界史―教科書が絶対に教えない(ウィリアム・G.カー (著), 太田 竜 (翻訳))
〇 世界を操る支配者の正体 ( 馬渕 睦夫 (著))
〇 ユダヤは日本に何をしたか( 渡部 悌治 (著) ))
〇 ユダヤ五〇〇〇年の知恵 M.ラビ・トケイヤー (著)
〇 ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ マービン トケイヤー (著) Marvin Tokayer (原著)

YouTube動画
ユダヤ 宇野正美ユダヤ人 フリーメイソンイルミナティ(宇野正美)1-138ミックス1-50
歴史の謎を解く鍵 ユダヤ人とバイブル
第一章アダムスキー計画 第二章 テレパシー 第三章 UFOと神 第四章 世界を支配するもの 第五章 黙示録の獣 第六章 宇宙の大使 終章 宇宙神界

日本とユダヤの隠された都市伝説フリーメイソンの正体とは
裏社会で世界を支配している秘密結社フリーメイソン・イルミナティの隠された事実を大暴露

世界の終末(2018年)に関しての重要な文章「死海文書」の謎 1 、  世界の終末(2018)に関しての重要な文章「死海文書」の謎 2
やりすぎ都市伝説 2016 - バラエティ動画 161126 、  やりすぎ都市伝説 2時間SP 2016年12月2日 161202

「ユダヤの訓(おし)え 「大物」になる勉強法 」
ユダヤの訓え「大物」になる勉強法 単行本 – 2007/11/15 加瀬 英明 (著) 単行本: 233ページ出版社: 三笠書房 (2007/11/15)
ユダヤ人は、なぜ、ずばぬけて「智恵がある」のか、「成功者が多い」のか、誰よりも「金儲けがうまい」のか。世界最高の“頭脳”と“大富豪”を続々生み出すユダヤ人の秘密。 本書は『ユダヤの力』を再編集の上加筆し、改題したものです。
この本のタイトルは「ユダヤの訓え「大物」になる勉強法」というよりも、 「なぜユダヤ人は優秀な人が多いのか?」というタイトルのほうがしっくりくる。 なぜ優秀なのかというと、ユダヤ人の歴史が関係します。ユダヤ人は昔国を滅ぼされてしまい、金銭などを敵に取られてしまいますが、頭脳は殺されない限り取られません。 そのため、非常に教育熱心にであったということです。 また、日本人と違い、ユダヤ人の子供は日常的に質問をすることもその1つです。 だから、最近はやりの勉強本ではなりません。 しかし、ユダヤ人という人たちはどのような歴史歩んできたのかや ユダヤ人ならではの特性が書かれていて、まずまず面白い本であると思います。 (引用)
ユダヤ人大富豪の教え
ユダヤ人大富豪の教え 単行本 本田 健 (著) 単行本: 237ページ出版社: 大和書房 (2003/6/19)
本田健公式サイト
[YouTube動画] ユダヤ人大富豪の教え 本田健さん著
Part1、 Part2、 Part3、 Part4、 Part5、 Part6、 Part7、 Part8、 Part9、 Part10、
本の紹介 〜10分間の聴く読書〜 A ~ B
内容が10分で分かる超まとめ

ひとりの老人との出会いが運命を変えた。富と成功と幸せを手に入れる珠玉の知恵がその人の言葉にちりばめられていた。
偉大な人物のもとに弟子入りし、密度の濃いレッスンを受ければ、きっと人生は飛躍的に変化する――そう考えたことはないだろうか。もし読者が、「わかってはいるけれどなかなか出会いがない」というなら、ぜひ本書を手にとってもらいたい。きっと人生で成功するためのヒントが見つかるはずだ。
本書は、大ベストセラー『「幸せな小金持ち」への8つのステップ』以来、数多くのベストセラーを生み出してきた著者の最高傑作ともいえる1冊である。著者は、経営者、投資家、はたまた作家として成功を収めているが、その思想や行動様式の根源には、ユダヤ人大富豪のメンター(助言者)の存在があった。著者が学生時代、アメリカで出会ったという大金持ちの老人、ゲラー氏の教えを対話形式でつづったのが、本書『ユダヤ人大富豪の教え』である。
本書のなかで著者は、「3日以内に1000人分の署名をもらう」「電球を1000個売る」など、数々の課題を乗り越えながら、お金持ちになるための心構えや手法を学んでいく。困難にぶつかったときに創造的なアイデアを出せるかどうか、自分らしい人生を生きることに集中して、お金のことや成功することを忘れられるかどうか、自由人と不自由人で異なる人生のルールを受け止められるかどうか…。含蓄に富んだ言葉は枚挙にいとまがない。こういった心構えのほかにも、セールスの秘訣やスピーチの極意、人脈作り、お金に関する知識など、成功に必要なノウハウにも、具体的に触れている。
お金のリテラシーをわかりやすく示した点は、これまでに出された著作と同様だが、著者の具体的なアイデアを示した点が目新しい。また、老人との「対話形式」を採用することで、あたかも自分が大富豪の教えを受けているかのような感覚になるのも、本書の大きな魅力であろう。久々にファンならずとも楽しめる本格的な1冊が登場したと言えるだろう。(土井英司)
「ユダヤ大辞典」
ユダヤ大事典 単行本 – 2006/1 ユダヤ大辞典編纂委員会 (編集) 単行本: 294ページ出版社: 荒地出版社
「嘆きの壁」で何をしているのか。ヒゲをのばす意味は何か、ユダヤ陰謀論のルーツは?ユダヤ人はなぜ金融業に進出したか、ホロコーストの悲劇はなぜ起こったか、ユダヤ人になるにはどうすればよいか、ユダヤがすべてわかる決定版。
ユダヤ人といえば「流浪の民」「富豪」のイメージが強い。紀元七〇年、ローマ帝国によってイスラエルの地を追われたユダヤの人たちは、亡国の民となって世界各地に分散していった。そして自分たちの居住する他国家、他民族に同化しようと努力した結果、商業、金融、学問、芸術の各分野で成功を収めた人材を世に多く送り出している。さまざまな偏見や社会的差別、迫害にあいながら、生活の中に組みこまれた戒律と習慣を今なお厳しく守り、それぞれの国で暮らすユダヤ人とは…。信仰と神、生活習慣、政治経済、シオニズム運動など、ユダヤのすべてがわかる決定版。
今もって曖昧模糊としているのは、ユダヤ人の定義である。 ユダヤ人とはいったい何なのか。ユダヤ教を信ずる者は 肌の色が黒くても、黄色くても、ロシア語しか話せなくても、 イスラエルに一度も言ったことがなくても、 血統的にはアラブ人であったとしても、みなユダヤ人として認められ、 イスラエルで市民生活を営むことが認められるのか、 それが知りたくて本書を読んだ。
本書に寄ればユダヤ人の定義はこうである。 「ユダヤ人の母親から生まれた人、あるいはユダヤ教に改宗した人で、  ほかの宗教に帰依していない者」 これは1970年の(イスラエル)帰還法改定にもとづく定義だそうである。 つまり 「ユダヤ人男性と非ユダヤ人女性の間に生まれた子供は  改宗しなければユダヤ人とは認められないのである」 ところが父親がユダヤ人であればユダヤ人だという人もいるそうである。 この定義についてはいまだに論争の火種となることも多くあり、 それが火を噴くらしい。   つまり、はっきりしていないのである。 曖昧模糊としているという僕の感想は当たっていたのである。
本書ではほかにも ・日ユ同祖論はなぜ生まれたか ・キブツとは何か ・ユダヤ人はなぜ金融業に進出したか ・ユダヤ系アメリカ人の職業分布は など、目からうろこの論考多数。 (引用)
「ユダヤ人に学ぶ日本の品格」
ユダヤ人に学ぶ日本の品格 単行本 – 2007/8 エリ=エリヤフ コーヘン (著), 藤井 厳喜 (著), その他 単行本: 254ページ 出版社: PHP研究所
日本人とユダヤ人に関する書籍は多い。しかし、その歴史的な絆や人物の交流の物語はあまり語られてこなかった。 本書は、日本を愛する駐日イスラエル大使(04年~07年8月)であるエリ・コーヘン大使と、イスラエルを敬愛する国際問題アナリストの藤井厳喜氏の共著というスタイルをとっている。両著者が特に注目したのが、イスラエル建国の父といわれる「ヨセフ・トルンペルドール」という人物が日本と深く関わっていたという事実である。 藤井氏はそこから「一見平和に見えて危機感を喪失した日本に生きる我々は、トルンペルドールに」学ばなければいけないと説く。日本の品格をかたちづくる「愛国心」を改めて認識せよと主張する。 本書ではまた、相対性理論で有名なアインシュタイン博士やユダヤ難民を救った杉浦千畝といった人物についても頁が割かれている。先人たちの品格ある行動に感動せずにはいられない。
イスラエル建国の父「ヨセフ・トルンペルドール」とはいかなる人物か。いま、説き明かされる歴史の中で埋もれた日本人とユダヤ人の絆。
元イスラエル大使であり、ユダヤの司祭の家系に生まれ、大の親日家であり空手家のコーヘン氏ならではの視点です。ユダヤ人と日本人の共通点に感じました なかなか面白かったですとても勉強になりました。 (引用)
「世界の実力者たちに秘かに伝わるユダヤの言葉」
世界の実力者たちに秘かに伝わるユダヤの言葉 (ソフトバンク文庫) 文庫 – 2011/10/20 スティーブ・モリヤマ (著) 192ページ
ユダヤには、時代や文化を超え、各界の成功者たちに秘かに学ばれてきた言葉がいくつもあります。 実力をつけたい、現状を打破したい、そして真の成功を果たしたい、 そんな人は本書から信じられないパワーや知恵を受け取ることができるでしょう。
数々の歴史的受難を乗り越え、5000年以上にわたり受継がれてきたユダヤの民に伝わる知恵の数々。 これらの知恵は、言葉に形を変えて、世界の実力者や成功者たちに伝わっているものでもあります。 本書に載っている言葉は、単なる成功の哲学として読めるだけでなく、実力をつけるためのヒントとして、 新たな挑戦へのパワーとして、さらには失敗した際の受止め方としても読めるのが興味深い点です。
グローバル化を突きつけられ、大きな転換期にある日本人にとって、真の実力をつけるために必要な考え方、 世界に通用する行動の哲学が、さらには困難をいかに乗越えるかまでが、簡単に理解できる一冊です。 ※本書は、2004年に弊社から刊行されて話題となった『ユダヤ人成功者たちに秘かに伝わる魔法のコトバ』の文庫化です。
【プロローグ】 第1章 自分がわかるようになるユダヤの言葉 第2章 状況が掴めるようになるユダヤの言葉 第3章 人づき合いが楽になるユダヤの言葉 第4章 お金にまつわるユダヤの言葉 第5章 学ぶ力が上がるユダヤの言葉 第6章 失敗への怖れが消えるユダヤの言葉 第7章 挑戦が苦でなくなるユダヤの言葉 第8章 創造力が高まるユダヤの言葉 第9章 歳を重ねたくなるユダヤの言葉 【エピローグ】
成功には、ユダヤの知恵が一番効く!! 「知識」は陳腐化しても、「知恵」は風化しない。ユダヤの世界には、数々の歴史的受難を乗り越え、長きにわたり受け継がれてきた、 貴重な知恵を凝縮した「言葉」がいくつもあります。それらは時代や国境を越え、各界の成功者たちに学ばれてきたものでもあります。 本書の言葉は、成功を望むとき、実力をつけたいとき、挑戦へのパワーを得たいとき、そして失敗をきちんと受止めなければならないときなど、 それぞれの局面で必ずやあなたの強い味方となってくれるでしょう。
知は力、墓場までもっていけるもの、それが本物の財産である。 我々の人生をほんとうに豊かにしてくれるのは陳腐化する「知識」 ではなく、時空を越える「知恵」である。海図なき針路を進んでいく ときにひつようなものは「知恵」である。 AかB、と白黒をつけたり,善か悪、友か敵か、主客、我か他かという 西洋的な(近代文明を発展させてきた)二分性だけの論理からは対立,抗争、紛争、貧富、格付け、格差という世界しかうまれない。これからは物事を全体から捉えすべてをドロドロに溶かしてしまう「円融無碍」な東洋的な(他者をもうけいれ包括できる)思考の世界が必要になってくる。 「自分の力は思っている以上にあるのだから、自分をもっと信じろ」 「そもそも自分とは探すものではない。みずから創り出すものである」 「誰かを裏切れば、結局、自分を裏切ることになる」「良心(両親)の奴隷となれ」 「罠を仕掛ける者はいずれは罠に落ちる」 「心に生じる罪悪感を決して疑わないこと」「皮肉とは真実を伝えるための手段である」 「神が人間に二つの耳と一つの舌を与えたのは話すよりも聞くことを重視したからである」 「お金を愛するものはいくら稼いでも満足することはない」 「意外性に賭けてみる者がカネをつかむ」「独学こそ唯一の教育である」 悲劇と喜劇は表裏一体、など前向きになれる賢人の魔法の言葉がいっぱいの本です。 他には「ユダヤ人のことわざ―ユダヤ3千年の知恵」 「人生にこの言葉を持て」本多 光太郎 もレヴューも参考になります。 (引用)
「アメリカ・ユダヤ人の政治力」
アメリカ・ユダヤ人の政治力– 2000/10 佐藤 唯行 (著) 新書: 214ページ 出版社: PHP研究所

アメリカ・ユダヤ人は政治にどのような影響力を及ぼしてきたか? 資金調達力、投票行動、人材育成など、その実体を多角的に検証する。 アメリカ経済に未曾有の繁栄をもたらしたクリントンは、「アメリカ史上、最もユダヤ人贔屓の大統領」と称されている。また、次期大統領候補である民主党のゴアも、副大統領候補として初めてユダヤ人を指名した。アメリカ・ユダヤ人は、アメリカの政治に対して、過去、どのような影響力を及ぼしてきたのだろうか?
 著者は、「闇の勢力として政治を操り、国家を支配するユダヤ人」という言説は、ユダヤ人迫害を正当化するための、つくられたイメージにすぎない。しかし、彼らはとりわけ民主党政権に対し、その政策決定過程において重要な役割を行使してきたと指摘する。ユダヤ人は類いまれなる「政治の民」となることによって、アメリカ社会で生き延びることができたのである。  本書では、政治家育成システム、集票・集金活動、ユダヤ人団体によるロビー活動、メディアとの関わりなどの多角的な視点から、その政治力の実像を検証する。
「アメリカ・ユダヤ人の経済力」
アメリカ・ユダヤ人の経済力 – 1999/8 佐藤 唯行 (著) 新書: 219ページ出版社: PHP研究所 (1999/08)

ユダヤ人はなぜアメリカでビジネスに成功したのか?彼らはアメリカ経済にどれほどの影響力を持っているのか?遅れてきた移民として憎悪されたユダヤ人。彼ら自身が自らの経済的成功の存在を否定したため、その実態は今まで知られてこなかった。本書は、彼らの底知れぬ経済力を金融、流通、マスコミ、不動産、建物などの多岐にわたる調査から明らかにする。巷間囁かれている「陰謀説」を排し、ユダヤ人の実像を丹念に描き出した一冊である。
目次
第1章 金融界支配の神話―大恐慌の時代
第2章 「経済の暗黒大陸」に固めた地歩―百貨店・新聞・広告業
第3章 主要産業となった映画産業―東欧系ユダヤ人の出現
第4章 今日のユダヤ人大富豪―その財力と実像
第5章 不動産投資こそ富の源泉―ユダヤ移民の天職
第6章 あらたな事業で富を築く―マスコミ・小売業
第7章 今日のユダヤ系投資銀行―受け継がれるユダヤ人脈
第8章 ウォール街のユダヤ人―金融ビジネスの創造者たち

  アメリカ・ユダヤ人は米国経済にどれほどの影響を及ぼしているのか? 陰謀説を排し、その経済的成功の実像を丹念な調査から明らかにする。  ユダヤ人はなぜアメリカでビジネスに成功したのか? 彼らはアメリカ経済にどれほどの影響力を持っているのか? 遅れてきた移民として憎悪されたユダヤ人。彼ら自身が自らの経済的成功の存在を否定したため、その実態は今まで知られてこなかった。 本書は、彼らの底知れぬ経済力を金融、流通、マスコミ、不動産、建設などの多岐にわたる客観的な調査から明かにする。 目次より、●金融支配の神話??大恐慌の時代 ●「経済の暗黒大陸」に固めた地歩??百貨店・新聞・広告業 ●主要産業となった映画産業??東欧系ユダヤ人の出現 ●今日のユダヤ人大富豪??その財力と実像 ●不動産投資こそ富の源泉??ユダヤ移民の天職 ●あらたな事業で冨を築く??マスコミ・小売業 ●今日のユダヤ系投資銀行??受け継がれるユダヤ人脈 ●ウォール街のユダヤ人??金融ビジネスの創造者たち。 巷間囁かれている<陰謀説>を排し、ユダヤ人とその経済力の実像を丹念に描き出す。  ●第1章 金融界支配の神話??大恐慌の時代 ●第2章 「経済の暗黒大陸」に固めた地歩??百貨店・新聞・広告業 ●第3章 主要産業となった映画産業??東欧系ユダヤ人の出現 ●第4章 今日のユダヤ人大富豪??その財力と実像 ●第5章 不動産投資こそ富の源泉??ユダヤ移民の天職 ●第6章 あらたな事業で富を築く??マスコミ・小売業 ●第7章 今日のユダヤ系投資銀行??受け継がれるユダヤ人脈 ●第8章 ウォール街のユダヤ人??金融ビジネスの創造者たち
「真のユダヤ史」
真のユダヤ史 単行本 – 2012/9/21 ユースタス・マリンズ (著), 天童 竺丸 (監修, 翻訳) 単行本: 368ページ 出版社: 成甲書房; 初版 (2012/9/21)

ユダヤ5000年の秘密がそのベールを脱ぐ!
イエスが善良なユダヤ人ならば、どうしてユダヤ人はイエスを十字架にかけろと要求したのか? なぜシオンの長老たちはサタンの会堂に秘密に集まり、イエスの肉体を死にいたらしめる計画を練ったのか? 嘘だらけの歴史記録を打ち砕く、真の世界史の誕生!
あなたの学んだ歴史は、ユダヤ勢力が改竄したウソと偽りの集大成。どうか世界の真実に目覚めてください、この日本が滅びないうちに!

故、田中角栄総理のロッキード事件が流れた時、瞬間的に「田中総理、ハメられたな…」と私は思った。案の定、総理は側近に「ユダにやられた」と漏らしたそうである。中川昭一議員も同様であり(言い出したらキリがない)。

本当のユダヤの歴史が分かる
ロスチャイルドをはじめとする現在の国際金融資本へとつながるユダヤ人の歴史が非常に分かりやすく述べられている本だ。 国際金融資本家の暗躍の始まりとして、ロスチャイルド家から始める研究者が多いが、この本を読むと、金貸しとしてのユダヤ人、 文明の破壊者としてのユダヤ人は2000年ほど前から存在していたことが分かる。
エジプト帝国、バビロニア帝国、ペルシャ帝国、ローマ帝国といった歴史上の大帝国に寄生して、次々と崩壊させていったユダヤ人は、 その後、進出したヨーロッパのありとあらゆる国でその国民に忌み嫌われ、幾度となく国外追放されたが、その度に賄賂等を駆使して再び入り込み、 国の要職に潜り込むことで権力を握って行った。 彼らが決定的に世界を支配するようになったきっかけは、ナポレオンと英国の間のワーテルローの戦いにおける情報戦にネイサン・マイヤー・ ロスチャイルドが勝利し、英国の証券取引所でロンドン貴族達を破産させ、その財産を手中にした事件からである、 というのは他の本でも散々取り上げられている通りである。
世界各国で要職に就いたユダヤ人は、ユダヤ人の行なってきた悪行の数々を容易に隠蔽することができたため、 偽りの歴史が世の中をまかり通っているのである。この本は、その隠蔽された本当の歴史を明らかにする試みなのである。(引用)
「シオンの議定書」
【定本】シオンの議定書 単行本 – 2012/2/29 四王天 延孝(原訳) (著), 天童 竺丸 (監修, 翻訳) 単行本: 192ページ 出版社: 成甲書房; 初版 (2012/2/29)
内容紹介
国家財政の破綻、通貨危機、資源戦争・・・ 21世紀の歴史はこの書の通りに進行している!
『シオンの議定書』の主要論旨は、人類の秩序と国家権力を破壊して、無制限の支配権力を用いる新しい世界権力を打ちたてようとすることにある。議定書のなかに宣言されている綱領計画は、フランスやイギリスだけでなく全ヨーロッパで、さらに合衆国でも今日まで着々と実行されつつある。この計画が狙い定めているのは、本文でしばしば使用されている「ゴイム=非ユダヤ人」と称される世界各国民である。本書に規定されている「自由」は民衆の力を利用することを目的としており、同時に彼らを頽廃させ、精神を惑乱させ、意思のない道具にしようと企図しているものばかりである。
国家財政の破綻、通貨危機、資源戦争―偽書と罵られようが何であろうが、21世紀の歴史は、この書の通りに進行している。 (引用)

「闇の世界史」
闇の世界史―教科書が絶対に教えない 単行本 – 2005/1 ウィリアム・G.カー (著), 太田 竜 (翻訳) 単行本: 477ページ 出版社: 成甲書房 (2005/01) 闇の世界史―教科書が絶対に教えない 単行本 – 2005/1
序章および第1章で、国際銀行家=イルミナティーが、フリーメイソンの大東社ロッジ、共産主義者を利用して押し進めてきた陰謀の全体像について概観する。 その後、フランス革命、ロシア革命、スペイン革命など、彼らの陰謀によって計画され、実行されたプログラムについて、詳細に解読していく。ここで暴かれるのは、学校で習う歴史は全く真実を述べていないということである。それとは全く別の、ある勢力が作り上げたシナリオに沿った物語が、今なお続けられているのである。
彼ら、闇の支配者たちのやり口は、まず謀略により国民の王政への不満を高め、プロレタリアート(労働者)革命を起こして王政を倒し、プロレタリアート=共産主義者による政府を樹立した後、それら共産主義者を静粛して、彼らが直接支配する独裁国家を樹立する、というものである。
このところ、闇の支配者についての本が数多く出版されるようになったが、多くはロスチャイルドの起こりから話が始まるものが多い。それに対し、この本ではそれ以前からユダヤ人がヨーロッパで行なってきた謀略の数々と、それによって多くの国から追放される様子にも言及されているところが興味深い。いわゆるアシュケナージ・ユダヤ人(本来の意味でのユダヤ人ではない)の狡猾で道徳心のない特質がそのまま、ロスチャイルドを中心とした現在の闇の支配者の系譜に繋がっていることが理解できるからである。
著者は1959年に没したため、第2次世界大戦辺りまでしか取り上げられていないが、カナダ軍人であり、若かりし頃に同僚から注入された共産主義思想を鵜呑みにせず、研究を続けた著者が、その成果として書き上げたのが本書であり、詳細な記述と相まって書かれている内容が真実であるという感を強く受ける力作である。 残念なことに、ひとつの文章が長くて回りくどいため、理解しにくい。 原文がそうなのだろうが、惜しい点である。 ただ、スペイン革命とスペイン内戦を取り上げたり、第二次世界大戦に至る経緯などの他の項目についても非常に詳細に説明されているので、他の本からは得られない情報も多く、闇の世界史を理解するためには読んでおくべき重要な本であることに変わりはない。
そして、最後の章でこの陰謀を止めるための具体的提言がなされている。しかし、そのために必要なのはまず、1人でも多くの人間が真実を知ることなのである。(引用)

「世界を操る支配者の正体」
世界を操る支配者の正体 – 2014/10/17 馬渕 睦夫 (著)
ウクライナ危機で世界最終戦争を開始した勢力の裏シナリオ。元外交官、待望の衝撃作!道徳と民族を破壊する4人の洗脳者は誰だ?
内容紹介 道徳と民族を破壊する4人の洗脳者は誰だ? ウクライナ危機で世界最終戦争を開始した勢力の裏シナリオ。 元ウクライナ大使、待望の衝撃作! マスコミは真実を伝えない。 政治家は「その人々」にアクセスできない。 残酷な時代をサバイバルするカギは本書に! まえがき 最後の希望の旅 第1章 ウクライナ危機は世界最終戦争の序曲 第2章 プーチン抹殺のシナリオ 第3章 ロシアを支配する者が世界を支配する 第4章 国際金融勢力対ロシアの200年戦争 第5章 道徳と民族を破壊する4人の洗脳者 第6章 ディアスポラ化する人類 終 章 歴史認識大戦争に備えよ
現在、グローバリズム(国際主義)を拡大して、世界支配を計画しているのはユダヤ財閥(ロックフェラー家とロスチャイルド家)です。 グローバリズム(国際主義)は格差社会を作り、世界に1%の富裕層と99%の貧困層を作ります。グローバリズム(国際主義)を進めるユダヤ財閥は世界を支配して、世界統一通貨と世界政府を作り、世界人口の削減と人類の家畜化が目的です。すでに中国、韓国もグローバリズム(国際主義)の支配下に入ってしまった。日本もグローバリズム(国際主義)に移行しつつあります。世界でナショナリズム(民族主義)を唱えるのはロシアだけです。 米国を支配しているのはロックフェラー家です。米国はオサマビンラディンと共同でアルカイダを作り、9・11テロ事件を自作自演し、イラク戦争の為、世界中から資金を集め、イラクの石油利権を奪いました。現在、米国は「イスラム国」を作り自作自演の空爆をし、シリア、イラン、トルコの石油利権を奪おうとしています。ウクライナ問題も米国がウクライナのネオナチ集団を動かし、新ロ政府を打倒したことが原因です。ロシアと欧州の天然ガスのパイプラインを分断し、ロシアを弱体化するのが目的です。 マレーシアの航空機事故はマレーシアがTPPに反対している為、及びエイズ事件は米国の生物兵器だったことを解明した科学者を処分する為、米国が新ロ派に見せかけてウクライナ政府に指示して、ウクライナ上空で撃墜したようです。 2015年以降、米国は欧州、中東、アジアを巻き込んだ戦争と大規模なテロ(イスラエル、マレーシア、インドネシア、米国電力分断、人工地震等)を目論んでいるようです。 米国が日本とロシアの天然ガスのパイプライン計画(サハリン〜東京〜姫路まで)を40年前から何度も潰して来ました。それは米国が石油利権を守る為、日本政府に押し付けてきたものです。日本政府はロシアとの国交を早く回復して、天然ガスや石油を中東からだけでなく、ロシアから安く購入すべきだと思います。この本に書いてあるように日本がロシア経済(シベリア開発等)の近代化に貢献できれば、日本の経済の回復はめざましいものになります。 現在、世界はグローバリズム(国際主義)とナショナリズム(民族主義)の最終戦争に入ってます。日本政府はグローバリズム(国際主義)ではなく、ナショナリズム(民族主義)を唱え、世界に貢献して欲しいです。ユダヤ財閥の独占や支配ではなく、あらゆる人種と共生する平和で平等な世界が必要です。日本政府やユダヤ財閥は人類・地球・宇宙にどう貢献するか考えて世界を動かして欲しいです。(引用)

「ユダヤは日本に何をしたか -我が愛する子や孫へ語り継ぎたい- 」
ユダヤは日本に何をしたか -我が愛する子や孫へ語り継ぎたい- 単行本 – 2009/4/16 単行本: 224ページ 出版社: 成甲書房
第一次世界大戦も、第二次世界大戦も、ユダヤが計画し、勃発させたものである。英国の元首相のチェンバレンも、「イギリスに戦争を強いたのは、アメリカと世界のユダヤ人とである」と言明していたのである。真の戦争犯罪人はユダヤなのだ。日本潰滅を策した外国諜報組織、祖国をカネで裏切った売国奴、昭和悲惨史を生き証人が明かす。 売国奴、秘密資金、諜報工作・・・・山本五十六フリーメイソン説から太平洋戦争突入の隠された理由まで・・・・ユダヤに踊らされた日本人の行状を、最後の生き証人が明かす昭和史の真実!
読むのに少々覚悟のいる書だと思う。 古くは安土桃山時代のバテレン宣教師ザビエルやロヨラ、近代ではアメリカのフランクリン・ルーズベルトやハリー・ホワイトといったユダヤ人共の謀略で、必要のない戦争をせざるを得ない状況に追い込まれ、そのためにどれだけ多くの無辜の日本人が殺されたことか。それを考えるとヒットラーのホロコーストも肯定したくなる。大東亜戦争の戦前からユダヤ研究の最先端機関に在職していた筆者が語ることだけに、ユダヤ人陰謀論が決して妄想ではないことがわかる。  人はあまりにも壮大な計画を聞かされると、絵空事として信じないものだが、ユダヤ人ははるか昔からその実現に向けて真剣に取り組んでいるのだ。祖国を失って以来、辛く悲しい歴史を歩んできたユダヤ人にとって、国家や宗教、民族差別から開放されることが悲願なのであろう。そのために世界を統合支配して、ユダヤの神の教えに従い人類を教導することが、神に選ばれしユダヤ人の務めであると信じているのである。そのせいで今後も繰り返し戦争が引き起こされ、多くの人命が奪われることだろう。
以前この本を読んだ時には、本当なのか、半信半疑であったが、最近、あるユダヤ人の懺悔、モルデカイ・モーゼ著 「日本人に誤りたい」を読んで、本当なんだと思った。日本人なら、是非読んで、そういう世界に、で日本国は生きて来た、いるし、これからも生きなければならないことを知る必要がある。どうしてアメリカと戦う必要があったのか、戦後の日本人の伝統精神の破壊された等、現日本の状況等、色々なことが分かる。 しかし、日本人も、世界を、導く、動かすようなビジョン、志を持って、国を運営するぐらいでなくてはならないと。 (引用)

「ユダヤ五〇〇〇年の知恵」
ユダヤ五〇〇〇年の知恵 – 1993/9/7 M.ラビ・トケイヤー (著), 文庫: 284ページ 出版社: 講談社
聖典『タルムード』、それは5000年もの間、ユダヤ人の受難の生活をささえてきた250万語からなる知恵の宝庫である。邦訳すれば「偉大な研究」。 アインシュタイン、フロイト、カール・マルクスなどの天才をはじめ、すべてのユダヤ人は不和、争い、苦悩、迷いに直面したとき、必ず『タルムード』で解決してきた。本書はユダヤ人の発想を学びとれると同時に、日本人の生活にも新たな角度から生きていく知恵を与えてくれる。 難の歴史をたくましく生き抜いたユダヤ人の勇気、心、決断力、発想を、250万語の膨大な聖典『タルムード(偉大な研究)』から学ぶ
<<民主主義をつくりだしたのは?最初に義務教育を実施したのは? 医学・裁判制度・福祉の基礎をつくったのは? みんな、ユダヤ人?>> 現代、ユダヤ人は、1400万人くらいにすぎないのに、その存在感 は、圧倒的と言える、多くの著名人を輩出し、成功者が犇めいている。 その大本をたどれば、教育にあると言える。 聖書やタルムードに見られる先人の知恵を生かし、さらにそこに 積み重ねて行こうとする。その姿勢には、見習わなければいけない と感じる。 各言う私も勉強の大切さを息子に解ってもらう為に引用した話がある。 <<ある船上での話。船客はみな金持ちで、その中に一人のラビが乗り込 んでいた。金持ちたちは、お互いに富の比較をしていた。 するとラビが、「私がいちばん富んでいる人間だと思うけれども、 いま私の富を皆さんに見せることはできない」と言った。  海賊が船を襲った。金持ちたちは金銀宝石、すべて自分の財産を失った。 海賊が去ったあと、やっとのこと船はある港に着いた。  ラビはすぐ教養が高いことをその港の人々に認められ、学校で生徒 を集めて教えはじめた。  しばらくたって、このラビは船で一緒に旅行したかっての金持ちに 会ったが、みんなみじめに零落していた。そしてその人々は「確かに あなたは正しかった。教育のある物はあらゆるものを持っているのと 同じだ」と言った。  現代、教育を大切に考え成功している国が他にも存在する。 それはフィンランドで、1990年はじめのバブル崩壊後 国民全体の教育水準を高めるために教育制度の改革を行った。 フィンランドは人口わずか500万人の国、他の国と対等にわたり あえる為には、良い人材を創生することが必要だったのだ 現在、フィンランドは、何どもOECDの調査で、学力1位を記録 している。経済競争力も向上し、たとえば携帯電話のノキア の販売台数は世界の40%に達している。 (引用)

「ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ」
ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ – 2004/3 マービン トケイヤー (著), Marvin Tokayer (原著), 単行本: 206ページ出版社: 実業之日本社
民主主義をつくりだしたのは?最初に義務教育を実施したのは?医学・裁判制度・福祉の基礎をつくったのは?みんな、ユダヤ人。本書は、ユダヤ人が五〇〇〇年にわたって蓄積してきた知恵を、集大成したものである。ユダヤ人の知恵を砥石として使って、能力を大いに磨いてほしい。
ユダヤ人のいったいどこがすごいのか? お金持ち民族に古来から伝わる格言を通して、実生活に役立つユダヤ人の知恵と考え方がわかる本。75年刊「ユダヤ格言集」を改題再編集して刊行。
いい言葉ばかりです。 ユダヤ人ほど、知性を重んじてきた民族はあるまい。国土も持たず、文字通 りに徒手空拳で、過酷な環境と闘ってきた。 そこで身につけた知性しか頼れるものがなかった。 おそらく世界の中で、ユダヤ人と日本人ほど、教育熱心な民族はあるまい。 知恵は処世術だ。知恵は人生を巧みに渡る、ノウハウである。人生の羅針盤 となるのが知恵である。 ヨーロッパでは中世から「教育のないユダヤ人を見つけることはできない。 ユダヤ人以外に育てられたユダヤ人のほかには。」という言葉ができた。 苦難は人間を鍛えて磨く。ユダヤ人は苦難に耐え抜くだけの自信と力をもっ てきた。 ユダヤ人のもう一つの特徴は、笑いを好む民族だということである。 人種学からいってユダヤ人という人種は存在していない。
ユダヤ系は「本の民族」と言われ、聖書(ユダヤ教の世界では「新約聖書」がないので、旧約聖書が「聖書」と呼ばれる)の時代から、教育と商売に熱心であり、また安息日などの独自性を実に5000年にわたり保持してきた。その真髄となるユダヤの「格言」を説明した一冊。5000年間、ユダヤ系の苦境をささえ、磨きぬかれた「格言」は非常に power がある。 バランス重視という発想なので、意外にも日本人のメンタリティにマッチし分かりやすいと思う。5000年の叡智を、自分のものにしてみてはいかがだろうか。お勧めの1冊。 (引用)

TOP

江守孝三(Emori Kozo)