〔温故知新 TOP〕  〔新エネルギーTOP〕 〔夢のクリーンエネルギーTOP〕
(各編) 反重力(Anti-gravity)、 [i-phone 日本語]、 [i-phone 英語]、 量子テレポーテーション、
   ワームホール(wormhole)、 [i-phone]、 水素エネルギー、 常温核融合、 プラズマ核融合、 極超小型核融合炉、
新エネルギー(最先端)

Pressure group からは避けたいもの) 、  I'm going my way
口コミ話題 好評 -Prattosampo- 
夢のクリーンエネルギー
アインシュタイン、ニュートンを超えて、反重力(アンチ・グラビテイ)へ
「右回転ジャイロによる重力減衰」
反重力は根底となるのはトロポジー重力理論
新エネルギー(最先端)
反重力・UFO(Anti-gravity)
(無限磁気エネルギーの活用)
反重力物質が実現!【最先端】(検索)(ニュース)動画画像(YouTube)
CIAがUFOについての「Xファイル」を公式サイトで一部公開CIA Home Library
ヒラリーは大統領になると米政府が極秘にしてきたUFO情報を全て公開すると公約したがトランプになった

宇宙船建造プロジェクトー反重力で宇宙に飛び出すー
極秘映像 アメリカ最新鋭反重力戦闘機 TR-3B (UFO-OVNI USA)
日本も早急に 「日本版 UFO開発」 の国内独自生産 していくことが望ましい
近未来、自動車の動力は反重力磁気エネルギーを使用し空飛ぶ自動車も常時となるでしょう
近未来、世界のほとんどのエネルギーはこの無限磁気エネルギーが使われることになるでしょう
(NASA:「EMドライブ」実験成功、恒星間移動も現実に月までは4時間、火星まで10週間)
宇宙の「重力波」を初検出 米チームが確認 号外有2016.2.11
〇自然界の4つの力 (強い力 10の6乗>電磁力 1>弱い力 0.001>重力 10の-36乗)

NASA TV  NASA  ハッブル宇宙望遠鏡  画像  SOHO(太陽)  JAXA日本  JAXATV  画像
日本は反重力-UFO-後進国  (嘲笑せず目覚めよ日本人!) Pressure group に負けず先進国たれ!

〇飛翔体の推進装置ー日本電気(南 善成)ー特開.PDF ( H05-172040 を挿入)
〇電気的推力装置ーアダムスキー型ー特許(特許公報 昭和37-6555).PDF
〇推進装置及び飛翔体推進システムー早坂秀雄外ー特許(特許公開 2000-161200).PDF
〇磁気推進飛行装置ー柴野 正吉外ー特許(特開2006-316786).PDF

出願番号 : 特願平3-356180 出願日 : 平成3年(1991)12月24日
出願人 : 日本電気株式会社 発明者 : 南 善成
発明の名称 : 飛翔体の推進装置

イメージ ID=000002 要約:

【要約】【目的】 宇宙空間及び惑星大気圏を高速度(数万km/s~準光速度)で航行でき、急発進・急停止・直角旋回・ジグザグ旋回等の航法を可能に する新規な推進装置を提供する。【構成】 飛翔体1は航空機、有人ロケット、宇宙船等であるが、例えば楕円体形状のもので、円盤外周を4等分した4 つの外周位置と円盤の上下面の中央位置とに推進エンジン(21~26)を設けてある。推進エンジン(21~26)は、それぞれ、磁気エネルギー発生手段 とこれを制御する磁気制御手段とを1対1に対応付けて構成してある。磁気エネルギー発生手段は、強力な磁場を発生して飛翔体1周辺の空間の曲率成分に 変化を与え、空間の歪み力としての加速度の場を生成させる。磁気制御手段は、磁気エネルギー発生手段による強磁場の発生態要を制御して強力な磁気 エネルギーによって生ずる空間の曲率成分の変化を局所的に準反対称に制御し、該空間に発生した重力と等価な空間歪み力を当該飛翔体の推進力とする。


出願番号 : 特許出願平10-335623 出願日 : 1998年11月26日
公開番号 : 特許公開2000-161200 公開日 : 2000年6月13日
出願人 : 早坂秀雄 外3名 発明者 : 早坂秀雄 外2名
発明の名称 : 磁性流体循環を用いた推進装置及び飛翔体推進システム

イメージ ID=000002 要約:

【課題】比較的低い磁場で数10Gの高加速度と準光速度の最終到達速度とが得られる空間駆動型の磁性流体循環を用いた推進装置及び飛翔体推進システムを提供する。
【解決手段】円環チューブ1は右回転(上から見て時計方向)する磁性流体6を閉じ込める。円環チューブ2は円環チューブ1と上下に重なり、左回転(上から見て反時計方向)する磁性流体7を閉じ込める。電磁石対3a~3hは円環チューブ1および円環チューブ2を挟み込み磁場の極性を交互に印加する。レーザー源4はこれら交互に設置した電磁石の間の円環チューブ1および円環チューブ2の磁性流体6,7をレーザー照射する。駆動ポンプ8は磁性流体6および磁性流体7を互いに逆循環させる。


出願番号 : 特願2006-107963 出願日 : 平成18年4月10日
公開番号 : 特開2006-316786 公開日 : 平成18年11月24日
出願人 : 柴野 正吉/span> 発明者 : 柴野 正吉
発明の名称 : 磁気推進飛行装置

イメージ ID=000002 要約:

【課題】例えば、地磁気などの平等磁界Bが存在する空間をこの平等磁界Bとの相互作用により自由に磁気推進飛行可能とする、 従来にない画期的な磁気推進飛行装置を提供する。
【解決手段】機体1に、電磁石2aを有しこの電磁石2aの両磁極の上側を磁気シールして両磁極の下側に向けて磁界Aを発生するウイングローター2を自転機構3により自転自在に設け、前記電磁石2aに流す電流の方向及び電流量を調整自在に構成して前記磁界Aの磁束方向を反転自在に構成し、この機体1の水平回転を制御するサブジャイロ9と、この機体1の傾動回転を制御するメインジャイロ8とを機体1に設け、この機体1を水平回転制止及び傾動回転制止状態に保持して、ウイングローター2から発生した前記磁界Aを機体1の外部の平等磁界Bに対して回転可能に構成し、 この平等磁界Bに対する前記磁界Aの回転により、前記機体1を磁気推進せしめるローレンツ磁気力を発生するように構成した磁気推進飛行装置。 。



極秘映像 アメリカ最新鋭反重力戦闘機TR-3B
← UFO-OVNI USA
〇How Anti-Gravity Work_
Nuclear Powered UFO TR-3B
(YouTube)
〇The TR-3B How it Work? (YouTube)
〇各映像(YouTube)
〇The TR-3B 画像
〇The TR-3B タリバン攻撃
〇ステルス爆撃機B2(改良型)

◎早坂秀雄博士( 反重力の宇宙船 ) YouTube
〇早坂 (宇宙船ufo) YouTube

〇南善成( 新型宇宙推進ロケットの探求)
〇反重力研究の最先端
〇反重力装置の理論と設計

〇自然界の4つの力  強さ
強い力 10の6乗>電磁力 1>弱い力 0.001>重力 10の-36乗
◎宇野ファイル 異星人ネフィリム

〇早坂秀雄博士
当初放射線工学、原子力を研究していたが、原子力の限界に気付き、他の方法によるエネルギー発生を研究開始し、その結果を「右回転ジャイロによる重力減衰」 ( H. Hayasaka, S Takeuchi. Anomalous weight reduction on a gyroscope's right rotations around the vertical axis on the earth. Phys.Rev.Lett.63:2701-4,1989.)にて発表した。
〇フリーエネルギー技術開発の特徴と種々相〇右回転ジャイロによる重力減衰―ハヤサカ&タケウチ 「NESARAの世界」
NASA、米空軍、航空機メーカーから共同研究の申し入れがあったが、早坂は 「我々の方針としては日本人は日本人の力でやってみるということを考えていますから」 といって断った。 すると、早坂の反重力の基礎研究の論文をあるだけくれと関係者にいってきた。この研究は極秘にかなり真剣に行われているようだ。
●日本も早急に 「日本版 UFO開発」 の国内独自生産 していくことが望ましい。


〇早坂秀雄博士( 反重力の宇宙船 )YouTube
〇早坂 (反重力) YouTube各映像
◎宇宙船建造プロジェクト(NASAが資金提供を申し出た 反重力推進で宇宙に飛び出そう!)早坂秀雄 (著)徳間書店
宇宙第5の力 反重力はやはり存在した (Shocking Science) 早坂秀雄 (著) 徳間書店

岩崎士郎 「反重力最新研究」 YouTube
How Anti-Gravity Work_ Nuclear Powered UFO TR-3B

〇反重力装置の理論と設計
ローレンツ磁気力とジャイロモーメントの翼で飛ぶ
〇磁気推進飛行装置ー柴野 正吉外ー特許(特開2006-316786).PDF
反重力日本特許出願状況右回転 ジャイロ日本特許出願状況

宇宙人を乗せて飛来すると言われる未確認飛行物体「UFO」は今も昔も世界中の人々の関心を集めているわけですが、 アメリカのCIA(中央情報局)は1940年代から1950年代にかけて調査が行われたUFOに関する文書を公開しました。 CIA自らが「Xファイル」と呼ぶ文書データは、CIAのサイトで公開されて誰でもダウンロードして読めるようになっています。
CIAがUFOについての「Xファイル」を公式サイトで公開
CIA Home Library
UFOs: Fact or Fiction? | CIA FOIA (foia.cia.gov)写真 画像
UFOs: Fact or Fiction? | CIA FOIA (foia.cia.gov) UFO CIA files

未確認飛行物体UFOの正体は何か?(異次元宇宙飛来UFOのようです)
   「UFOは実在し異次元から飛来している」 が正しいようだ。
異次元宇宙飛来説
アメリカ空軍のUFO調査機関「プリジエクト・ブルーブック」の顧問を務めた天体物理学者で、UFO研究の世界的権威であるジョーセフ・アレン・ハイネック博士は 「UFOが突然出現し、忽然と消滅する現象が多数目撃されている。これはUFOが他の惑星から飛来したものでしたものではなく、異次元からやってきたものであることを示唆している」。また、UFO研究家等は時空を超越した異次元世界から飛来しているホログラフイックな別次元から出現するのではないかとも推測。またワームホール(Wormhole)を利用しているものと思われる。 この宇宙が二次元のホログラムであるという証拠が見つかる

「米軍エリア51 地球版UFOは技術的に確立している」
  誤認説や軍事国家機密漏洩組織的捏造説等は論外
1 2   
1・【驚愕】アメリカは、UFOを飛ばしていた!!~最新鋭戦闘機TR‐3B~
2・【アメリカ製?UFO映像】夢の反重力!!速度マッハ10可能!「TR-3B」?
・プラズマで時空を超える?UFOは既に開発されている!
・UFOとプラズマ…その飛行原理とは?
・エリア51で研究中のUFOの原動力『反重力リアクター』と新元素の関係!
・反重力の起源について
1.米軍UFO、 2.プラズマUFO (プラズマで時空を超える米軍UFOは既に開発されている) 3.◎UFOとプラズマ飛行原理(検索)4.◎反重力の起源について (検索) (動画)5.反重力と新元素 (検索) ◎ THRIVE3/10(プラズマとUFO) 検索 (反重力とUFO) 検索 、  (地球制UFOについて ドイツ,ロシア) (エリア51 元CIA職員が語る) 検索 (米軍エリア51とUFO) 検索 (グーグルアースとUFO) 検索 ◎ラザー博士の証言( UFO宇宙船にオリオン政府が関与) 鈴木医学博士---NASA医務官の公務証言、
特許事例(飛翔体の推進装置、プラズマエンジン飛翔体、反重力エンジン飛翔体 等々)
  地球制UFOと電気反重力 アメリカ空軍の極秘ステルスB-2は”電気重力現象”の技術が用いられているという。すでに日本人科学者がその反重力テクノロジーの実験に成功している。
・反重力推進装置(検索・動画) ・◎ビーフェルド=ブラウン効果(検索・動画) ・電気重力効果の理論(検索・動画) ・電気重力効果の理論的考察と実験(検索・動画) ・B-2爆撃機(検索・動画) ・反重力エンジン(検索・動画) ・◎統一場理論(検索・動画) ・反重力テクノロジー(検索・動画) ・零点テクノロジー(検索・動画) ・◎零点場ローレンツ力としての慣性(検索・動画) ・変動電磁場(検索・動画) ・重力低減効果(検索・動画) ・◎B-B効果と変動電流[プラズマ効果](検索・動画) ・反重力機の開発(検索・動画) ・B-2 ・B-2反重力機(検索・動画) ・オーロラ(検索・動画) ・X-33反(検索・動画) ・ノーチラス(検索・動画) ・TR-3A(検索・動画) ・TR-3B(検索・動画) XH-75D(検索・動画) ・TAW-50(検索・動画) ・超音反重力戦闘機(検索・動画)

反重力物質が実現!【最先端】(検索)(ニュース)動画画像(YouTube)
   ベルギーナミュール大学アンドレ・フースファ教授「科学誌:physical review D」


THRIVE3/10日本語 THRIVE5/10日本語 THRIVE日本語版 (1-17)

(アメリカ神話)
新アダムスキー全集  久保田八郎 訳、中央アート出版社
・1947年 アメリカ空軍はUFOの正体を知っていた。
・コンタクトはテレパシーでおこなう。
・人間の肉体は崩壊しても、魂は永遠に不滅である、
 (なかには霊魂ではないかという人もいるがアダムスキーは否定する)
・自然に存在する宇宙空間のエネルギーを利用するUFO。(そのため pressure group 圧力がある)
・戦争・核の使用を最も恐れる異星人。

・『新アダムスキー全集』1(第二惑星からの地球訪問者
・『新アダムスキー全集』2(超能力開発法)
・『新アダムスキー全集』3(21世紀/生命の科学)
・『新アダムスキー全集』4(UFO問答100)
・『新アダムスキー全集』5(金星・土星探訪記)
・『新アダムスキー全集』6(UFOの謎)
・『新アダムスキー全集』7(21世紀の宇宙哲学)
・『新アダムスキー全集』8(UFO・人間・宇宙)
・『新アダムスキー全集』9(UFOの真相)
・『新アダムスキー全集』10(超人ジョージ・アダムスキー)
・『新アダムスキー全集』11(肉体を超えて大宇宙と一体化する方法)
・『新アダムスキー全集』12(宇宙の法則)
・『新アダムスキー全集』別巻(UFO――宇宙からの完全な証拠)

日本GAP 機関誌 (下記:アダムスキーぜひお読みください)
「UFO contactee」誌  ( 1号~145号) [ダウンロード]
英文版「UFO contactee」誌  (No.1~No.13) [ダウンロード]
Adamski (Clip 1)
Adamski (Clip 2)
Adamski (Clip 3)
Adamski (Clip 4)
Adamski (Clip 5)
Adamski (Clip 6)
Adamski (Clip 7)
Adamski (Clip 8)

secret UFO
NASA secret
謎の物体 in 月


〇アダムスキー型特許ー電気的推力装置ー(特許公報 昭和37-6555).PDF
george adamski、  george adamski ufo video、  george adamski youtube
UFO 写真集 中央アート 、  アダムスキーの写真は本物である


アイゼンハワー大統領は異星人と会ったとも、ケネデイー大統領はアダムスキーを信じ軍事秘密施設を見せていたしUFO存在を発表しようとしたとも。 これまでUFO、異性人をタブー視されてきたがオバマ大統領が退任前に発表するのではないかともいわれている。

(ケネデー大統領はアダムスキーをひそかに支持して異星人との交友関係を保持しょうと努力したけれども惜しくも暗殺の悲運に見舞われた。 化石燃料を必要としない電磁気による重力場推進法を応用する別な惑星の宇宙船同じレベルの船体開発を目指していたらしい。)
参考資料映画
・反重力検索 、  反重力 推進装置検索
・反重力動画 、  反重力 推進装置動画
・反重力 (YouTube)、  反重力 推進装置(YouTube)
・UFO 反重力 (検索)、  ・UFO 反重力 (動画検索)
・UFO 原理反重力装置 (検索) ・UFO 原理反重力装置 (動画検索)
・GAP(宇宙哲学とUFOの研究ネットワーク Cosmic Consciousness) www.adamski.jp
日本GAP機関誌「UFO contactee」目録 バックナンバーのダウンロード [ PDF]
・アダムスキー検索 アダムスキー動画
・UFO検索 UFO動画
・アベンジャーズ (検索) 映画『アイアンマン3』予告編映像 かっこいいシーン アベンジャーズ カッコ良いシーン映画 (日本語吹替版)

矢追純一 UFOスペシャル 第七弾 FC2 Video 第八弾
未確認飛行物体 UFO 2015 リアルUFO映像 完全マジなお宝 総まとめ UFO Sightings (YouTube)
地球には宇宙人が来ている 地底人がいる エドワード・スノーデン氏 エドワード・スノーデンが暴くUFOの嘘
【衝撃・UFO・宇宙人】地球人への手紙【上巻】
宇宙の神秘 (1~16)
知らないほうがよかった 当たりすぎる予言
救世の国・日本~日本人の天命~

①アダムスキー計画 ②テレパシー ③ UFOと神 ④世界を支配するもの ⑤黙示録の獣 ⑥宇宙の大使 ⑦どこから来たか ⑧宇宙神界



ある人物からの予言 (知らないほうがよかったかも)
■2014~2016年の予言
 ヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃。結局今の文明は砂漠しか残さない。しかし人類はそれでも滅びない。ドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。 (例:(磁場逆転) (ポールシフト)(時事ダイジェスト)
■2039年以降の予言
 2039年1月、人類は地球からいなくなっている。
 そして、1月以降、人類は、神のほうに進化し「神人」になる者があらわれる。彼らは数次元以上の知能と能力をもつ、あらゆる危機や問題は『神人』が解決してくれる。残りはただ操られ、働いたり楽しんだりする完全に受動的な「ロボット人間」と化している。「ロボット人間」は「神人」の言いなりになって気楽に生きていける。
■2089年から2099年にかけての予言
 「完全な神々だけの世界」と「完全な機械化生物」だけの世界に分かれた世界ができあがる。地上には機械化生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになる……。

★2039年に人類が何かの異変か大戦か災害のために、残らず滅びるという意味ではないといっています。人類は、 他の惑星に移住するのか、もしくはアセンションして高次元に生きるのかもしれません。 (例:小惑星アポフィスの衝突、 、アインシュタイン第四次世界大戦予言太陽黒点消滅による氷河期突入 (動画)
★超人の出現の予言 日本から『神人』が誕生!? (例:ワールド謎YouTube
人類は「新しい世界を支配できる超人」を生み出すと予言。その実験場もまた東方=日本であると予言。そして、それは、突然変異によって生まれるといっています。

オバマ大統領は2030年までに人類 を火星へ送ると発表
(2030年までには反重力(Anti-gravity)、ワームホール(Wormhole)輸送を確立し、地球大惨事に備えておかなければならない)。
異星人(or地底人)の存在確認と地球救助をどのようにするかにも関心がある。 (例:地球には宇宙人地底人が来ている

参考文献その1その2

世界は一つになりつつありユダヤ人がその頂点になるであろう。
 今は「ひとつの政府」「ひとつの宗教」の世界に向かってるのです。その為に世界政府主義を推進する人々 (イルミナテイ)「NESARAの世界」をつくるべく 動いているようです。 この世界に完全に移行するため、UFO、エイリアン、アセンション、ラプチャーが使われ、演出としては ブルービームも有効に使われているようです.。 つまりUFOは人間が造りだしたもので、宇宙人は地底人なのです。 ただし、ロシアに巨大隕石が落下したとき隕石を破壊したのは決して地球人はできずロシアが調査中である。

 私たちは、一つの世界に向かうように仕向けられている、ということだけは理解しておかなければなりません。 そこに隠されている本当の目的は、西側の新世界秩序と東側の世界秩序との「通貨政策に偽装された」戦いです。 同時に、これは、キャッシュレスの新しい金融システム(それは人工知能によって管理される)へ移行するための節目に当たる「パラダイムの転換」として位置付けておかなければいけません。この人工知能のことを「666」と言います。
世界政府はアメリカが造るアメリカのための超国際機関となり、世界総統がアメリカを捨て去る時エルサレムに政府機関を遷都させることになるでしょう。

参考文献その1その2その2その2

【最新】やりすぎ都市伝説 2016(1-50本)
【やりすぎ都市伝説】2016.12.2関暁夫が緊急生放送で封印を解く!
世界の終末(2018年)に関しての重要な文章「死海文書」の謎 1
世界の終末(2018)に関しての重要な文章「死海文書」の謎 2


聖徳太子の予言  (未然記) (未来記)、、  (救世主:青木宏之の弟子)


太陽黒点消滅による氷河期突入 (動画)
『ポールシフトで20年以内に人類滅亡する』ウィキリークスでまたもやヒラリー陣営メールが暴露される
もうすぐ宇宙滅亡? LHC実験による『現存するパラレルワールド発見』間近で
ヒラリー側近と元宇宙飛行士の“極秘UFOメール”がウィキリークスで流出! 『人間と宇宙人は…』衝撃の暴露!
惑星x(惑星ニビル)YouTube, (検索)(宇野晴美, 惑星ニビル)
〇 ヒラリー側近の『極秘UFOメール』
YouTube, (検索)

夢のクリーン次世代エネルギーは: →太陽光・風力・地熱・天然ガス発電・燃料電池・光合成・プラズマ核融合、から→
→→ 「水素エネルギー」、 「極超小型核融合炉」、 「常温核融合」「反重力(Anti-gravity)」、 「テレポーテーション)」、 「ワームホール)」  の世界へ


TOP
口コミ話題 好評 -Prattosampo- 
夢のクリーンエネルギー
瞬間移動 (ジャンプルームからテレポーテーション)
時空のある一点から別の離れた一点へと直結する空間領域でトンネルのような抜け道
ワームホールでSFの世界が実現しそうです

瞬間移動 (テレポーテーション)
   ・ワームホール(Wormhole)
ワープ (warp) 超弦理論 (Superstring theory)

2030年までにオバマ大統領は人類 を火星へ送ると発表
地球大惨事に備え大移住計画 
 ①火星移住
 ②火星移住計画が必要な人工知能が開発された。
☆天文物理学者のスティーブン・ホーキング氏は、人類は宇宙空間の研究を積極的に行うべきとの見方を示し、
これからの100年に人類が地球を捨てなかった場合、人類絶滅の恐れがあるとの見方を示した。
☆ホーキング氏は奇想天外なワームホールの新理論を発表している。現在と過去の橋渡しではなく、
我々の宇宙と無数の平行宇宙との通路としてワームホールが使えると言っている。(「超空間」ミチオ・カク著より)
NASA TV  NASA  ハッブル宇宙望遠鏡  画像  SOHO(太陽)  JAXA日本  JAXATV  画像
   ワームホール(Wormhole), wormhole travel 動画 ワープ(warp) , warp travel 動画
江守孝三
ワームホールgoogle 検索ワームホール(動画)ワームホール(YouTube)
ワームホール理論google 検索ワームホール理論(動画)ワームホール理論(YouTube)
ワームホール原理google 検索ワームホール原理(動画)ワームホール原理(YouTube)
ワームホール作り方google 検索ワームホール作り方(動画)ワームホール作り方(YouTube)
Wormhole google 検索Wormhole(動画)Wormhole(YouTube)
未確認飛行物体UFOの正体は何か?(異次元宇宙飛来UFOのようです)
異次元宇宙飛来説が正しいようです。(誤認説や軍事国家機密捏造説は論外)
異次元宇宙飛来説
アメリカ空軍のUFO調査機関「プリジエクト・ブルーブック」の顧問を務めた天体物理学者で、UFO研究の世界的権威であるジョーセフ・アレン・ハイネック博士は 「UFOが突然出現し、忽然と消滅する現象が多数目撃されている。これはUFOが他の惑星から飛来したものでしたものではなく、異次元からやってきたものであることを示唆している」。また、UFO研究家等は時空を超越した異次元世界から飛来しているホログラフイックな別次元から出現するのではないかとも推測。またワームホール(Wormhole)を利用しているものと思われる。

この宇宙が二次元のホログラムであるという証拠が見つかる

アメリカ軍機密基地 Area 51 (エリア51) がある、ここは航空機のテストを古くから行っている。「墜落したUFOを運び込み、宇宙人と共同研究をしている」という風説が非常に有名、実際、基地周辺ではUFOらしき未確認飛行物体が頻繁に目撃されている。CIAは エリア51 の存在を認めるが宇宙人には言及せず。動画 YouTube エリア51YouTube Area 51 ミックスリスト - Area 51 (1-26) アメリカ軍は地球版UFOの高度技術はほぼ確立させているようだ。ヒラリー・クリントンが大統領になったら公表すると公約したがトランプ大統領になりだめになった。


ジャンプルームからテレポーテーション プロジェクト・ペガサス火星移住
2023年人類火星移住計画 火星移住 SFのような話が・ 人類火星移住計画YouTube010203計画①証言計画②証言
オバマ大統領の火星植民地化計画 火星移住計画YouTube 検索
太陽UFOウェーブは一段と活発化し、超巨大なUFOが度々現れ続けている

ミチオ・カク (Michio Kaku,)「弦理論 (string theory)」(ひも理論、ストリング理論) Superstring theory 超ひも理論の世界(YouTube)
Superstring theory ミチオ・カク博士( Time Travel )(YouTube) michio kaku
チオ・カク博士は 早い時代からタイム・トラベル学や超ひも理論 テレポーテーション学など最先端を行く量子科学( 量子力学や量子物理学とは 異なり量子科学は物質現象と心との関係を解明した新しい学問分野 )者として知られています

ワームホール(Wormhole)、、 ・ワープ(warp) 、、 ・超弦理論(Superstring theory) 、、 YouTube

Michio Kaku(ミチオ・カク) wormhole(ワームホール)
YouTube (①~③。①~⑳ clickしてご覧ください)
ミチオカク ワームホール
①、 ②、 ③、
Michio Kaku wormhole(ワームホール)
①、 ②、 ③、 ④、 ⑤、 ⑥、 ⑦、 ⑧、 ⑨、 ⑩、 ⑪、 ⑫。 ⑬、 ⑭、 ⑮、 ⑯、 ⑰、 ⑱、 ⑲、 ⑳、
Documentary about Space, Technologies and beyond, Through the Wormhole (1-283)

(1-15) (1-200) (1-122)

A Bridge Connecting Our Universes | Through the Wormhole with Morgan Freeman
北極にワームホール出現か、、、 ノルウェーで発生した光謎の渦巻き現象
Incredible UFO Armada Caught By NASA 2014 HD
Black Holes & Wormholes interstellar movie explained *understand

ワームホールの実在を観測する方法を発見
名古屋大学の研究チームが、ワームホールの一種、エリス・ワームホールの存在を検証す­る方法を発見しました。 ニュージーランドの天文台で観測した「重力マイクロレンズ効果­」のデータを解析すれば、 タイムトラベルや瞬間移動が可能なワームホールが見つかるか­もしれません。

テレポーテーション学光量子テレポーテーションに成功
量子コンピュータ授業  #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15
宇宙量子科学(1) 、  (2) 、  (3) 、  (4) 、  (5) 、  (6) 、  (7) 、  (8) 、  (9) 、
Time Travel 学 (1) (2) (3) (4) (5) (6)
タイムトラベル学 (1) National Geographic 「タイムマシン」 存在するのか?
ホーキング博士「膜宇宙論」 (1) (2) (3) (4) (5) (6)、

ミチオ・カク (Michio Kaku,)
「弦理論 (string theory)」(ひも理論、ストリング理論)
Superstring theory 超ひも理論の世界(YouTube)
Superstring theory ミチオ・カク博士( Time Travel )(YouTube)
ミチオ・カク博士は 早い時代からタイム・トラベル学や超ひも理論 テレポーテーション学など最先端を行く量子科学( 量子力学や量子物理学とは異なり量子科学は物質現象と心との関係を解明した新しい学問分野です )者として知られています

ワームホール(Wormhole)、、 ・ワープ(warp) 、、 ・超弦理論(Superstring theory) 、、 YouTub

(お勧め: 超空間、 図解超ヒモ理論)
  • Warp Drive, When?
  • Why is interstellar travel so tough?
  • From Inspirations to Inventions
  • Ideas based on what we know
  • Some Emerging Possibilities
  • Links to Related NASA Activities
  • So, can we do it?
  • Frequently Asked Questions
  • 宇宙ひもを利用した
    タイムマシン  「ワームホール」とは、時空のある一点から別の離れた一点へと直結する空間領域でトンネルのような抜け道であり、入口も出口も私たちの宇宙なら、ワームホールは2地点を時間ゼロで結ぶ近道になる。そこでワームホールの一方の口を地球に置き、もう一方の口をロケットに置いて、そのロケットを光速に近い速さで宇宙旅行をすると、ロケットが地球に戻ってきたときに2つの口の間には時間差 (以下の例では地球は4時で、ロケットは2時) ができることになり、4時の地球の人が2時のロケットにあるワームホールの口へ行きその中に飛び込めば、その人は2時の地球に出るすなわち過去に旅したことになる、というものだ。
    このタイムマシンの仮定を整理すると、(1) ワームホールが存在して、(2) そのワームホールが通過可能で、(3) 人がワームホールを通過可能で、(4) ワームホールを都合のいい場所につくれて、 (5) ワームホールの一方の口を光速近くで動かせて、(6) タイムトラベラーが別ルートで同じ場所に戻れれば、タイムトラベルが可能となる。 但しこれはワームホールで旅行をはじめた時(2時)までしか遡れないし、そもそもワームホールがまだ見つかっていない。

    、、
    ☆天文物理学者のスティーブン・ホーキング氏は、人類は宇宙空間の研究を積極的に行うべきとの見方を示し、
    これからの1000年に人類が地球を捨てなかった場合、絶滅の恐れがあるとの見方を示した。

    ☆ホーキング氏は奇想天外なワームホールの新理論を発表している。現在と過去の橋渡しではなく、
    我々の宇宙と無数の平行宇宙との通路としてワームホールが使えると言っている。(「超空間」ミチオ・カク著より)

    Hawkin's Universe - Part 1/5 Part 2/5 Part 3/5 Part 4/5 Part 5/5

    Stephen Hawking - Wormholes
    Stephen Hawking - Black Hole Time Travel
    Into The Universe With Stephen Hawking - Time Travel
    Stem Cell Universe with Stephen Hawking 2014
    Black Holes and Worm Holes
    Black Holes & Wormholes interstellar movie explained *understand

    nasa ハッブル宇宙望遠鏡 写真

    相対性理論における時間と宇宙の誕生 タイムマシン
    http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/2006jiku_design/satou.html#003

    ワームホール日本特許出願
    テレポーテーション日本特許出願
    タイムマシン瞬間移動日本特許出願



    TOP
    口コミ話題 好評 -Prattosampo- 
    夢のクリーンエネルギー
    瞬間遠隔移動 (ジャンプルームからテレポーテーション)
    “量子置換”法と呼ぶ時空トラベル方式
    SFの世界が実現しそうです

    瞬間遠隔移動
    量子テレポーテーション (Quantum teleportation)
    宇宙旅行もレーザービームに人間の意識を乗せ、光の速さで行うことが可能になる
    (地球内は1秒で、火星は20分で到達可能)

    ワームホール wormhole(Superstring theory)
    2030年までにオバマ大統領は人類 を火星へ送ると発表
    (地球大惨事に備え大移住計画)
    ☆天文物理学者のスティーブン・ホーキング氏は、人類は宇宙空間の研究を積極的に行うべきとの見方を示し、
    これからの1000年に人類が地球を捨てなかった場合、絶滅の恐れがあるとの見方を示した。
    ☆S・ホーキング氏は奇想天外なワームホールの新理論を発表している。現在と過去の橋渡しではなく、
    我々の宇宙と無数の平行宇宙との通路としてワームホールが使えると言っている。(「超空間」ミチオ・カク著より)
    NASA TV  NASA  ハッブル宇宙望遠鏡  画像  SOHO(太陽)  JAXA日本  JAXATV  画像
       ワームホール(Wormhole), wormhole travel 動画 ワープ(warp) , warp travel 動画
    江守孝三
    量子テレポーテーション 量子テレポーテーションYouTube
    量子コンピューター 量子コンピューターYouTube
    東大:完全な量子テレポーテーションに成功 古澤明氏
    ジャンプルームからテレポーテーション プロジェクト・ペガサス火星移住
    2023年人類火星移住計画 火星移住 SFのような話が・ 人類火星移住計画YouTube
    オバマ大統領の火星植民地化計画 火星移住計画YouTube 検索
    太陽UFOウェーブは一段と活発化し、超巨大なUFOが度々現れ続けている

    ミチオ・カク (Michio Kaku,)「弦理論 (string theory)」(ひも理論、ストリング理論) Superstring theory 超ひも理論の世界(YouTube) Superstring theory ミチオ・カク博士( Time Travel )(YouTube) michio kakuSuperstring theory ワームホール
    ミチオ・カク博士は 早い時代からタイム・トラベル学や超ひも理論 テレポーテーション学など最先端を行く量子科学( 量子力学や量子物理学とは異なり量子科学は物質現象と心との関係を解明した新しい学問分野 )者として知られています
    物理学の発展を背景に、この15年ほどで脳と心、意識とは何かについての理解が急速に進んだ。今後は日々の記憶や仕事のノウハウを互いに送りあったり、 人間の人格そのものだと考えられる ヒトコネクトーム“神経回路の全体図” をデータとして送信できたりするようになると考えられる。 すると宇宙旅行もレーザービームに人間の意識を乗せ、光の速さで行うことが可能になる。 白熱教室


    古澤明 古澤研究室 研究内容 ハイブリッド量子テレポーテーション 論文・解説 TOPICS
    古澤研究室では量子光学的手法を用いた量子情報物理の研究をしています。中心的課題は「量子テレポーテーション」です。
    量子テレポーテーションとは、波動関数を伝送することですが、普通の「古典的」な方法では不可能です。波動関数を規定するには共役物理量の同時確定が必要ですが、これは量子力学の根幹である不確定性原理に矛盾するからです。量子テレポーテーションでは、EPR(アインシュタイン、ポドルスキー、ローゼン)相関のある光を用いて、この不確定性の壁を回避しています。また、EPR相関は量子コンピューターの「心臓」であることから、量子テレポーテーションの研究は量子コンピューターの研究であるともいえます。
    古澤氏らはこの量子テレポーテーション実験に世界で初めて成功し、さらなる高性能化を目指しています。この実験は世界的に注目されており、マイケル・クライトンのSF小説「タイムライン」にも取り上げられました。


    図: ハイブリッド量子テレポーテーションの概念図。
    単一光子ベースの量子ビットと、光の波の状態を転送する連続量量子テレポーテーションを組み合わせる。
    量子テレポーテーションと量子コンピューター
    量子力学のパイオニア・古澤明氏に聞く


    参考文献
    [1] C. H. Bennett et al., Physical Review Letters 70, 1895 (1993).
    [2] D. Bouwmeester et al., Nature, 390, 575 (1997).
    [3] S. L. Braunstein and H. J. Kimble, Nature 394, 840 (1998).
    [4] S. Takeda et al., Nature 500, 315 (2013).
    [5] L. Vaidman, Physical Review A 49, 1473 (1994).
    [6] S. L. Braunstein and H. J. Kimble, Physical Review Letters 80, 869 (1998).
    [7] A. Furusawa et al., Science 282, 706 (1998).
    [8] N. Lee et al., Science 332, 330 (2011).
    [9] S. Takeda et al., Physical Review A 87, 043803 (2013).
    [10] S. Takeda et al., Physical Review A 88, 042327 (2013).

    量子テレポーテーション
    光子(光の粒子)に乗せた情報を瞬時に他の場所へ転送する技術。物理的に離れた二つの粒子が互いに影響を及ぼしあう「量子もつれ」と呼ばれる物理現象を利用して情報の転送を行うもので、 SFに登場する大きな物質の瞬間移動とは異なる。1997年にオーストリアの研究者によって実証されたが、この時の手法は転送効率が悪く、受け取った情報の転用もできないなど、実用化に向けた大きな課題があった。2013年、 東京大学の 古澤明氏ら研究チームが、 従来の欠点を克服した 完全な「量子テレポーテーション」 に世界で初めて成功。超高速の処理性能を持つ「量子コンピュータ」の基本技術になると期待されている。

    光の粒子を宇宙にテレポートさせる実験に成功 量子力学のブレークスルー

    中国の科学者が史上初めて宇宙へのテレポートに成功したそうだ。 実験で行われたのは、光子を地球のはるか上空へ転送するというもの。
    物体を物理的に上昇させるのではなく、アインシュタインが「不気味な遠隔作用」と述べた量子もつれの奇妙な効果を利用したものだ。 つまり光子についての情報を宇宙の別のポイントへと転送し、物体の忠実な複製を作り出すのである。
    ■ 長距離間での量子テレポートは史上初
    長距離間でこの効果が実験されたのは史上初ことだ。 量子もつれは距離による制約を受けない。
    つまり2つの粒子はとんでもない長距離であっても相互に作用することができる。 したがって、これまで実現不可能だったスピードでネットワークを構築する量子インターネットなど、さまざまな分野での応用が考えられる。
    これまで情報を伝達するケーブルや信号の問題で、量子テレポーテーションは短距離においてしか実験されてこなかった。 今回は地上から人工衛星への転送実験が行われ、実用化されたテレポーテーションの姿らしきものが示された。
    つまり物体を宇宙へ送信し、再び地上へ送り返すのだ。 ある地点からある地点へと送信するには、この経路が比較的クリアなのだという。
    「この業績は、世界初となる信頼性の高い超長距離量子テレポーテーション用地上衛星間リンクを確立させる。 世界規模で量子インターネットを実現するには必要不可欠なステップである」と論文で論じられている。
    実験に使われた衛星は昨年ゴビ砂漠から打ち上げられた中国の通信衛星「墨子」だ。 地上から光子を宇宙へ送信すると、墨子がそれを捕捉。地上の実験チームは光子を使って地球の上空に浮かぶ衛星と通信できるかどうか実験した。



    量子コンピュータ授業  #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15
    宇宙量子科学(1) (2)  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)  (8)  (9)
    Time Travel 学 (1) (2) (3) (4) (5)
    タイムトラベル学 (1) (2) (3) (4) (5)
    ホーキング博士「膜宇宙論」 (1) (2) (3) (4) (5)
    ミチオ・カク (Michio Kaku,)「弦理論 (string theory)」(ひも理論、ストリング理論) Superstring theory 超ひも理論の世界(YouTube) Superstring theory ミチオ・カク博士( Time Travel )(YouTube) 説明 ミチオ・カク博士は 早い時代からタイム・トラベル学や超ひも理論 テレポーテーション学など最先端を行く量子科学( 量子力学や量子物理学とは異なり量子科学は物質現象と心との関係を解明した新しい学問分野です )者として知られています
    Superstring theory ワームホール

    相対性理論における時間と宇宙の誕生 タイムマシン
    http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/2006jiku_design/satou.html#003



    出願番号 : 特許出願2013-104030 出願日 : 2013年5月16日
    公開番号 : 特許公開2013-254201 公開日 : 2013年12月19日
    出願人 : 株式会社東芝 発明者 : リチャード・マーク・スティーブンソン 外4名
    発明の名称 : 量子テレポーテーションのためのシステム及び方法

    特許公開2013-254201 前頁.PDF
    イメージ ID=000002要約:
    【課題】入力光子の量子状態の量子テレポーテーションのためのシステムおよび方法を提供する。
    【解決手段】偏光エンタングルメント光子対を生成発光ダイオード1と、光子対の一方の光子を第1の、他方を第2の経路に沿って、 導くビームスプリッタと、入力光子のための入力と、第1の経路の光子対の一方の光子と入力光子に対して合同測定を実行する測定部9と、 第1の遅延を測定するように構成される計時部であって、第1の遅延は、入力光子とエンタングルメント光子対の光子が合同測定部を通過するときの、 入力光子と光子対の光子との間の遅延であり、第2の遅延は発光ダイオードを出るときの2つの光子間の遅延時間である、計時部と、 第1の遅延が第1の所定のタイミングウィンドウ内にあり、かつ、第2の遅延が第2の所定のタイミングウィンドウ内にある場合に、 テレポーテーション測定が有効であることを決定するコントローラと、を具備する。
    項番 公開番号/登録番号 発明の名称
    1. 特許公開2013-254201 量子テレポーテーションのためのシステム及び方法
    2. 特許公開2013-238832 位相差を用いた位相変調光子のフアイバー伝送法
    3. 特許公開2007-335503 量子メモリ装置および通信情報設定システム
    4. 特許公開2007-329344 量子メモリ装置および通信情報設定システム
    5. 特許公開2005-172910 量子状態生成装置、量子テレポーテーション装置及び制御NOT演算装置
    6. 特許公開2004-349833 量子匿名送信装置、量子匿名受信装置、量子状態配布装置、量子匿名通信方法、及びプログラム



    TOP
    口コミ話題 好評 -Prattosampo- 
    夢のクリーンエネルギー
    東芝、ビル・ゲイツ氏と次世代原子炉開発を検討
    米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ

    極超小型核融合炉
    小型の次世代原子炉「TWR(Traveling-Wave Reactor)
    ガンダム、鉄腕アトム、ロボットの世界において超小型核融合炉が可能となるか。
    江守孝三

    米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ

    米航空防衛機器大手ロッキード・マーチンは、核融合エネルギー装置の開発において技術面の画期的進展(ブレークスルー)があり、10年以内にトラックに搭載可能な小型の核融合炉を実用化できると発表した。
    開発チームを率いるトム・マクガイア氏は記者団に対して、これまでの作業を通じて出力が100メガワット(MW)で、現在存在するものより約10倍小さく大型トラックの後部に入れられるほどの核融合炉が製造できるめどが立ったと説明した。
    ロッキードは、1年ほどで設計やテストなどを終えて5年以内に試作品を作り、10年で実用の核融合炉を生産できるはずだとの見通しを示した。 核融合エネルギーは科学者がずっと有望な分野とみなしてきたが、現在まで実用可能な動力システムは生み出されていない。

    ロッキードによると、小型の核融合炉は、重水素(デュートリウム)と三重水素(トリチウム)の融合反応を利用したもので、同量の化石燃料の約1000万倍ものエネルギーを生み出せるため、石炭火力発電よりもずっとエネルギー効率が高まる。また将来的には別の物質を使って、放射性廃棄物を完全になくせる可能性もあるという。
    マクガイア氏は、ロッキードが開発に関していくつかの特許を申請中であるとともに、学界や産業界、政府の研究者などを対象に今後の協力相手を探していることも明らかにした。

    小型核融合炉は、この先米海軍艦艇が使える可能性があり、そうなれば他の燃料がいらなくなって補給面の課題が解消できる。米海軍では潜水艦や航空母艦が核動力式となっているが、搭載しているのは核分裂反応を利用した大型原子炉で、定期的な交換が必要だ。

    【最新情報】
    これは宇宙人技術!?米ロッキードが完成させたとんでもない科学技術の正体とは?

    東芝、ビル・ゲイツ氏と次世代原子炉開発を検討

    東芝(Toshiba)は23日、米ソフトウエア大手マイクロソフト(Microsoft)創業者のビル・ゲイツ(Bill Gates)氏の出資する米原子力ベンチャー「テラパワー(TerraPower)」と、次世代小型原子炉を共同開発することについて検討を開始したと発表した。
    日本経済新聞によると、この小型の次世代原子炉は「TWR(Traveling-Wave Reactor)」と呼ばれ、燃料に劣化ウランを使用する。現行の軽水炉が数年ごとに燃料交換が必要なのに対して、TWRは燃料交換なしに最長100年間の発電が可能だという。
    東芝、ビル・ゲイツ氏と次世代原子炉開発を検討

    進行波炉(Traveling Wave Reactor)
    主な特徴
    1.劣化ウラン(U238)を燃料とすることが可能なので、従来は核燃料を精製する際に廃棄物として捨てられていた副産物を燃料とできる。廃棄物は世界中に大量に貯蔵されているので燃料には困らない。
    2.核分裂性物質(U235)が必要なのは点火時のみ。
    3.一旦燃料に点火すれば、燃料供給も、使用済み燃料の除去もなしで50~100年(理論上は無限に)動き続けることができる。
    4.核燃料の精製施設、再処理施設が不要
    5.ウラン濃縮が不要なため核兵器の拡散を防げる
    テラパワー(TerraPower)【進行波炉(Traveling Wave Reactor)】

    Bill Gates Talks
    About the Future of Energy




    Bill Gates Talks
    About the Future of Energy (YouTube)


    極超小型核融合炉(YouTube)

    超小型核融合炉(ガンダムのエネルギー源)

    ガンダムの話を語る上でひそかに欠かせないのがエネルギー源の話です。 あまり、表には出てきませんが、モビルスーツやビーム兵器、コロニーなどのエネルギーは膨大なものです。 この無尽蔵というよりも、無節操なほどの膨大なエネルギー源は何処からきているのかと言えば、二つのエネルギー源があります。 太陽光線と超小型核融合炉です。
    核融合とは、水素を始めとした軽い原子核間の反応で、より重い原子核になるという現象であることは言うまでもありません。 そのエネルギー量は太陽を例に取れば十分理解いただけるでしょう。 超小型核融合炉とは、小さな太陽を得たも同意なのです。
    現在、残念ながら核融合は水爆と呼ばれる核兵器にしか使用されていませんが、これは、膨大なエネルギーを制御できないからであり、もし、このエネルギーが制御することが出来るなら、まさしく夢のようなエネルギー源となるわけです。
    なぜ、ガンダムの世界において超小型核融合炉が可能になったというと、ミノフスキー粒子の存在です。 ミノフスキー粒子はマイクロ波から超長波に及ぶすべての電磁波を著しく減退させるため、ミノフスキー粒子の不可視フィールドを作ってしまえば、内部のプラズマの安定や放射線の遮断が可能になるわけです。 そうした技術により超小型核融合炉が可能となったわけです。


    「超小型原子炉」なら日本も世界も救われる!
    ◆高温ガス炉  ①、 ②、 ③、  

    日本原子力研究開発機構の高温ガス炉(HTTR・熱出力3万キロワット)が、高い安全性と利便性を評価され、国内外で熱い視線を集めているのだ 何しろ、配管破断で冷却材を喪失しても、電源を失っても炉心溶融などの過酷事故には至らないのだからすごい。固有安全性を備えている原子炉は自然に冷温停止してしまう。  その上、運転に水を全く必要としないので、内陸部にも建設可能。だから津波で被災する心配もない。砂漠に建設しても運転できる。  発電だけでなく水素製造や製鉄にも使える。多用途の原子炉として国際的に注目度が高い。この理想の原子炉の卵は1998年の完成後、鳴かず飛ばずとなっていたのだが、4月に国の「エネルギー基本計画」に組み込まれるなど、にわかに正当な処遇を得た形だ。
    超高温炉の構造図、図はヘリウム冷却型のもの。

    超高温原子炉(ちょうこうおんげんしろ、: Very High Temperature Reactor,VHTR)は、1000度近い高温状態で発電を行う第4世代原子炉ヘリウムを一次冷却材として使う方式が、最も開発が先行して実証炉段階にあるために高温ガス炉として知られているが、他に溶融塩原子炉または鉛冷却高速炉の超高温炉も研究されている。この原子炉は発生熱の出口部分で600 - 1000度近い高温が可能である。熱効率の高いガスタービン複合発電が可能で、ガスタービン原子炉として知られている。また高温ゆえ、原子力水素製造・原子力石炭液化・原子力製鉄などの工業熱源に使用可能で化石燃料枯渇後の工業熱源として期待されており、熱電併給により揚水発電を不要にできる。そして、冷媒が水でないため水素/水蒸気爆発しにくいなど、従来の軽水炉の欠点の多くを改善・一新する新世代炉である。



    TOP

    口コミ話題 好評 -Prattosampo- 
    夢のクリーンエネルギー
    原子力発電よりも安全かつ安価
    究極のエネルギー源 「人工太陽」 世界1位の核融合技術を駆使

    プラズマ熱核融合発電
    重水素と三重水素(トリチウム)を使用し莫大な熱エネルギーを発生させる。

    江守孝三(Emori Kozo)

    江守孝三
    引用文献(1) 日本が核融合発電を本格スタート 引用文献(2) プラズマ熱核融合 発電 の画像検索
    文献(3) 核融合炉 文献(4) 核融合エネルギー 文献(5) プラズマ 核融合

    「核融合発電」は重水素と三重水素(トリチウム)を使用し、莫大な熱エネルギーを発生させる。原子力発電よりも安全かつ安価に大量の電力を供給できると言われている。 (日本が核融合発電を本格スタート、180円の水素から石油8000リッターのエネルギー抽出)
    究極のエネルギー源 「人工太陽」 世界1位の核融合技術を駆使、核融合発電所を建設開始/茨城

    大陽のエネルギー源である核融合。この“究極のエネルギー”の実用化に向け、日本原子力研究開発機構の 那珂核融合研究所(茨城県那珂市)で、最新の研究装置「JT―60SA」の組立作業が本格的に始まった。
    核融合を人工的に起こしやすいのは、重水素と三重水素の反応で、この場合燃料1グラムに対して石油8トン分のエネルギーが得られる。
    100万キロワットの発電所を1年間運転するために必要な燃料は200キロ。火力発電で同じ発電量を得るには130万トンの石油が必要だ。

    日刊工業新聞 2013/4/3 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1520130403afaf.html
    画像
    img4 img1 img2 img3 img5
    ※ 重水素の値段は1mlで180円、1リットルで18万円程度
    ※ 石油の価格は1リットル147円(平均)
    http://oil-info.ieej.or.jp/price/price.html


      核融合炉 - 三菱重工業-国際熱核融合実験炉(ITER)
    三菱重工業は、フランス南部で建設が進む国際熱核融合実験炉(ITER)の中核機器であるトロイダル磁場コイル2基を195億円で受注したと発表した。昨年に1基を160億円で受注しており、合わせて355億円の事業となる。(2013.10.10)


    TOP


    口コミ話題 好評 -Prattosampo- 
    夢のクリーンエネルギー
    常温で水素エネルギーの大量貯蔵輸送技術が安全可能となった。
    水素エネルギー(水素燃料電池)
    ・海水を燃料に変える「燃料自己生産」技術の開発に成功(米海軍)
    ・世界初の「水素発電所」を東京湾岸に建設(千代田化工建設)
    ・水素1回の注入で650キロ走行する水素燃料電池車(マツダ・トヨタ)

    江守孝三(Emori Kozo)

    江守孝三
    世界&日本の水素戦略(前半)YouTube世界&日本の水素戦略(後半)YouTube
    水素エネルギーYouTube
    水素エネルギー(検索) 安価な触媒開発が急務-白金-(検索)
    水と反応して水素を発生する粉 YouTube


    ・世界初の「水素発電所」を東京湾岸に建設、2015年に90MWで商用化へ

    次世代のクリーンエネルギーとして注目を集める「水素」の商用プロジェクトが本格的に始まる。川崎市と千代田化工建設が2015年をメドに、東京湾岸に「水素供給グリッド」を構築するのと合わせて、世界で初めて商用レベルの「水素発電所」を建設する構想を打ち出した。


    水素エネルギーの大量貯蔵輸送技術が安全可能となった。 - 千代田化工建設
    世界初の「水素発電所」 - 千代田化工建設
    世界初の「水素発電所」 - 他社
    水素発電所(google検索)

    Hydride Method)は,トルエンなどの芳香族の水素化反応に. よって,メチルシクロヘキサン(MCH)などの飽和環状化合. 物として水素を固定し, 常温・常圧の液体状態で貯蔵輸送. をおこない,脱水素反応で水素を取り出して利用する開発(脱水素触媒開発)。

    ・水素1回の注入で650キロ走行する水素自動車(水素燃料電池車)

    水素ロータリーエンジンは、マツダ独自のロータリーエンジンをベースに、燃料に水素を使えるようにすることで、CO2排出量ゼロの優れた環境性能を持たせた独自のエンジンです。 水素使用に伴うエンジンの変更がわずかなため、比較的低コストで水素エネルギー車を実現できます。また、デュアルフューエルシステムによってガソリンでも走行できるため、長距離移動や水素燃料の供給施設がない地域でのドライブでも、高い利便性を発揮します。 (マツダ水素燃料電池車)

    2015年に発売予定の水素燃料電池車のトヨタ試作車は、中型のセダンタイプで、1回の水素注入で約650キロ・メートル走行できる。ほぼ同じ走行性能で市場に投入される。 (トヨタ 水素燃料電池車)

    九州大学など 燃料電池向け貴金属フリー触媒を開発

    JFS/Japanese Research Group Develops Hydrogen Fuel Cell Needing No Precious Metals
    Copyright 九州大学

    九州大学、総合科学研究機構(CROSS)、茨城大学の研究グループは2013年2月6日、常温常圧で水素から電子を取り出す、新しいニッケル-鉄触媒を開発したと発表した。安価な鉄を使用しており、高価な白金を使用しない燃料電池の開発が期待できる。

    従来、燃料電池の触媒には白金(5000円/g)やルテニウム(240円/g)など高価な貴金属を使用していたが、今回、自然界に存在する水素活性化酵素「ニッケル-鉄ヒドロナーゼ」をモデルとして、安価な鉄(0.06円/g)を使用した人工触媒を開発した。 研究成果により安価な燃料電池の開発が可能となり、水素エネルギー利用技術の発展が期待できるとしている。 関連のJFS記事: ダイハツ、CO2も出さず貴金属も使わない燃料電池の基礎技術を開発



    ・海水が「燃料」に・・・米海軍が技術開発に成功、10年後の軍艦は「燃料自己生産」か

    中国メディアは、ドイツメディアの報道を引用し、米軍が海水を燃料に変える技術の開発に成功したと報じた。記事は、「海水燃料の大量生産にはまだ時間が必要とみられるが、軍艦の燃料供給に革命的な変化をもたらす可能性が高い」と論じた。
    報道によれば、米軍の依頼を受けた科学者らは、海水から二酸化炭素と水素を抽出する方法を開発した。海水中の二酸化炭素濃度は空気中の約140倍に達し、海水から抽出した二酸化炭素と水素は浄化装置によって液体燃料に変化する。この液体燃料はディーゼルオイルとほとんど変わらないものだという。
    海水を燃料に変える研究に携わっている科学者は、「工業規模での燃料生産が次の目標」と述べ、「海水から燃料を生産することが可能であることは証明された。次にすべきことは生産効率を改善することだ」と語った。
    報道によれば、米海軍はすでに海水から生産した燃料でテスト型の航空機を飛行させることにも成功しており、今後10年ほどで米軍艦が艦内で燃料を生産し、航行できるようになる見通しだという。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供)

    発電効率が80%を超える燃料電池、水素イオンで実現へ
    現在の燃料電池の発電効率は60%程度が最高水準だが、それをはるかに上回る“超高効率”の燃料電池の原理を東京ガスと九州大学が共同で開発した。発電に必要なイオンの移動物質を従来の酸素から水素に置き換えて、多段階で化学反応を起こすことにより、電力の発生効率が大幅に向上する。

    tokyogas1_sj.jpg
    図2 発電効率80%超を実現するSOFCの仕組み(画像をクリックすると拡大)。出典:東京ガス、九州大学

    共同研究チームは水素イオンを移動させることによって電力の発生効率が向上するメカニズムを発見した。燃料電池を2段構成にして、それぞれで燃料の組成を最適化すると、発電効率を80%以上に高めることが可能になる(図2



    世界&日本の水素戦略(前半) (後半) 水素エネルギーYouTube
    水素エネルギー(検索)  安価な触媒開発が急務-白金-(検索)




    TOP
    口コミ話題 好評 -Prattosampo- 
    夢のクリーンエネルギー
    室温で、水素原子の核融合反応が起きる現象
    常温核融合
    【常温核融合・凝集系核科学・固体内核反応 ・核変換】
    「核変換」はすでに再現可能になっている

    江守孝三(Emori Kozo)

    江守孝三

    ①重水素(D)起源のヘリウム(Z)を灰とするクリーンな核融合
    ②放射能の非常に少ない核変換

    世界のエネルギー需要の近未来予測の簡単なまとめ
    世界の持続的発展にはエネルギーがカギ
    ・石油:あと50-60年(CO2地球温暖化)
    ・太陽・風力:需要の10%供給が限界
    ・ウラン(235)原子力:あと50-60年、危険(東日本大震災-福島原発-)
    ・FBR(Pu)利用:500年は可能
    ・(中国・インド台頭)
    ・(核廃棄物処理が問題)
    ・核融合炉:発電炉実現は30年以上先
    ・分散型クリーンエネルギー源が理想

    常温核融合(Cold Fusion)

    (動画)http://www.youtube.com/watch?v=vQjOAsIrGa8
    (動画)http://www.youtube.com/watch?v=_zbGA2bDpys
    常温核融合 成功 [検索]

    常温核融合(じょうおんかくゆうごう、Cold Fusion)とは、室温で、水素原子の核融合反応が起きるとされる現象。もしくは1989年にこれを観測したとする発表にまつわる社会現象。実際にはきわめて低い頻度ながら、常温でもトンネル効果宇宙線に含まれるミューオンによって水素原子の核融合反応は起き、観測もできる。しかしながら、本項目で扱う現象は、核融合反応が常温ながら目視できる規模で発生したと主張されていた。
    概要
    1989年にイギリス・サウサンプトン大学のマルチン・フライシュマン教授とアメリカ・ユタ大学のスタン・ポンス教授が、偶発的にこの現象を発見したと発表された。その後の追試で、同じ結果が得られないことや核融合反応で発生する中性子が観測されないことから、2006年現在では、測定誤りによる誤認であったと考えられている。
    この発表に於いてマルチン・フライシュマン教授とスタン・ポンス教授は、重水を満たした試験管(ガラス容器)に、パラジウムプラチナの電極を入れ暫らく放置、電流を流したところ、電解熱以上の発熱(電極の金属が一部溶解したとも伝えられた)が得られ、核融合の際に生じたと思われるトリチウム中性子ガンマ線を検出したとしている。
    波及現象
    現代の物理学理論では水素原子核融合反応を起こすには、極度の高温と高圧が必要であり、室温程度の温度で目視できるほどの核融合反応が起きるとは考えられていなかった。
    背景
    しかし前年に、絶対零度に近い低温でしか起きないとされていた超伝導が、それまでの理論の予言からは説明のつかない高温で起こると言う高温超伝導現象が発見されて世界的なブームが起きていたことや、フライシュマンがイギリスの電気化学の大家であったことから、従来の物理理論以外での新しい現象が発見されたのではないかとみなされた。
    追試結果と結末
    このため多くの科学者が追試を行ない、様々な仮説も立てられ、これがマスメディア上にまで流布される騒ぎとなった。追試を行ったグループの一部はフライシュマンらと同等あるいはそれ以上の結果を得たと報告したことも、フィーバーに拍車をかけることになった。しかしながら、実施された追試の多くの場合には核融合反応や入力以上のエネルギー発生が観測できなかった事から、現在では電気分解反応で生じた発熱量の測定を誤ったのではないかと考えられている。事件の背後には、別の観点からミューオン核融合を研究していたブリガムヤング大学のジョーンズ教授との研究の先取権争いや、研究資金の獲得競争、化学者と物理学者の対立、マスコミの暴走、ユタ州とユタ大学の財政難を解消するための大学当局の政治的策謀など、様々な要因が挙げられている。
    しかしその一方で、固体(金属など)の中で重水素が、全く別の意味で核融合している現象であると考え、固体内核反応として多くの研究者によって研究は続けられている。なおこの現象においては、熱核融合反応とは違い、熱エネルギーの抽出は困難と考えられている。
    日本の悲願
    一方、日本では1960年代~1970年代の高度経済成長期より、電力需要の増大に伴う海外へのエネルギー依存度は高まる一方で、1960年代にほぼ成長の止まった水力発電に替わり、1970年代以降には原子力発電へと切り替えられていった。しかし、戦時兵器としての核攻撃を人類史上初めて受けた日本にあって、社会の放射能アレルギー(核分裂アレルギーとも)は根強い。
    だが、1980年代以降の日本における家電製品の普及は著しく、電力需要は急拡大した。原子炉設置も候補地選びに難航する状況にあって、代行可能な国内調達による、電源としてのエネルギー源は長年の悲願とされている。
    日本では周囲を海に囲まれており、核融合の有力な燃料と目されている重水素が海水から幾らでも回収ができ、エネルギー自給自足が悲願である日本の核融合開発研究は(水素爆弾の開発を除けば)世界でもトップクラスである。しかしそれでも入力エネルギーと出力エネルギーの差を実用発電レベルの実験で縮小するには至らず、世界最高水準の点火レーザー発振器を持ちながらも、実用化には高いハードルが幾つもあるのが現状である。
    その日本で、この「お手軽に、中学校の実験室設備並な所で、しかも電極が溶解する程の熱量が発生する」という核融合の可能性に飛び付かないはずもなく、当時の科学技術庁(現文部科学省)肝いりによる研究計画もスタート、多額の補助金を受けた研究者が実験に参加した。
    ところが、この事件が世界的に単なる大学内スキャンダルとして、または疑似科学扱いされると、1990年代中頃には関係者の大半が研究を諦める事態となった。だが、その後幾つかの現象が観測され、また様々な推論による論理が発表されたことにより、別の物理現象として注目する研究者もあり、現在に至るまで「固体内核反応」として、多数の研究者による研究が続けられている。
    しかし1999年前後に幾つかの実験に基づく理論の発表が行われた後は、2006年現在に到るまで、同現象発見当初に起こったような目立った動きは無い。
    参考文献
  • J.R.ホイジンガ著、青木薫訳『常温核融合の真実 今世紀最大の科学スキャンダル』化学同人、1995年1月、ISBN 4759802738
  • ガリー・A. トーブス著、渡辺正訳『常温核融合スキャンダル―迷走科学の顛末』朝日新聞、1993年12月、ISBN 4022567074
  • 水野忠彦、「核変換?常温核融合の真実」、1997年、工学社 ISBN-13: 978-4875932147
  • Mallove, Eugene. Fire from Ice: Searching for the Truth Behind the Cold Fusion Furor. Concord, N.H.: Infinite Energy Press, 1991. ISBN 1-892925-02-8
  • Beaudette, Charles. Excess Heat: Why Cold Fusion Research Prevailed, 2nd. Ed. South Bristol, ME, Oak Grove Press, 2002. ISBN 0-9678548-3-0
  • Kozima, Hideo. The Science of the Cold Fusion phenomenon, Elsevier Science, 2006. ISBN 0-08-045110-1.
  • Storms, E., The Science Of Low Energy Nuclear Reaction. 2007: World Scientific Publishing Company. ISBN-13: 9789812706201
    外部リンク
  • Japan CF-rearch Society
  • 三菱重工業株式会社 先進技術研究センター:製品技術 - 元素の種類が変化する新現象の研究
  • LENR-CANR.org - 常温核融合に関する500本以上の論文を掲載。
  • 「常温核融合プロジェクト」 - 北海道大学院工学研究科量子エネルギー 水野忠彦(PDF形式)
  • 「未来を築く常温核融合」ジェト・ロスウェル。アーサー・C・クラーク推薦。186ページの電子ブック。
  • HotWired Japan - 「UCLAで常温核融合成功、ただし発生エネルギーは少量」
    関連事項
    科学的方法プロトサイエンス疑似科学元素変換N線ポリウォーターセレンディピティ
    ・常温核融合[Google] ・常温核融合[百科事典] ・常温核融合国際会議 ・固体内核反応研究[Google] ・核変換[Google]
    ・凝集系核科学国際学会[Google]
    ・水野忠彦[Google] ・高橋 亮人 [Google]

    パラジウムと同質合金、京大開発 燃料電池応用も (2011/05/21 16:51 【共同通信】)

  • 核融合反応の基本原理

    ヘリウム原子は陽子2個と中性子2個で構成されており、その質量数4.0015uである。陽子と中性子の質量はそれぞれ1.0073u、1.0087uであるから、これらの総和は(1.0073×2+1.0087×2)u=4.0320uである。一方ヘリウムの質量はこれよりも(14.0320-4.0015)u=0.0305uだけ小さい。これを質量欠損といい、アインシュタインの相対性理論によりE=mc^2のエネルギーが発生する。 
     実際の核融合反応では重水素が用いられている。重水素二つを強引に融合させてヘリウムを作るわけです。実際の過程ではまず、重水素と重水素が反応しトリチウムと水素ができ、次にトリチウムと重水素が反応してヘリウムと中性子ができます。したがって、核融合反応が生じているかどうかを確認するには、中性子かもしくはトリチウムが生成されているかどうかを確認すればいいわけです。
    (注:u=原子質量単位 1.661×10^-27kg)
    水素と重水素、トリチウム、ヘリウムの構造はFIG.1.のようになっている。
    FIG.1

    常温核融合のキーワード

    ・イオン化傾向
    「金属と陰イオンの電子を与える傾向。つまり水に溶けやすさ」
    Na>Mg>Al>(H2+OH-)>Zn>S2->(Fe→Fe2+)>Ni>Pb>
    2>Cu>OH->I->(Fe2+ →Fe3+)>Ag>Br->H2O>Cl->Au
    「陽イオン」
    K>Ca>Na>Mg>Al>Zn>Fe>Ni>Sn>Pb>(H)>Cu>Hg>Ag>Pt>Au
    「陰イオン」
    NO3>SO4> (OH)> Cl> Br> I
    ターフェルの式
    水素の過電圧


    エネルギー問題は原理的には解決済み:
    北大の水野忠彦教授が常温核融合の存在を実験で証明

    http://jlnlabs.imars.com/cfr/html/cfrtiny2.htm

    1989年のあの大騒ぎを覚えていらっしゃるだろうか。フライシュマンとボンズによる常温核融合の存在を証明する実験に成功したというニュースが世界を駆け巡ったことを。そして、それが別の科学者チームの追試で再現できなかった騒ぎを。これにより、常温核融合は眉つば科学として世界から追放された。アメリカ政府も資金的手当てを停止してしまった。しかしひとり日本政府だけは、常温核融合に食らいついていた。北大水野忠彦教授が結局実験でその存在を証明した。上のサイトは水野モデルを使って追試したもの(実験日:2003年5月19日)のデータ報告。以下3つのサイトは、水野論文。
    http://www.lenr-canr.org/acrobat/MizunoTnucleartra.pdf
    http://www.lenr-canr.org/acrobat/MizunoTexperiment.pdf
    http://www.lenr-canr.org/acrobat/MizunoTconfirmatib.pdf

    彼の発見で最大の部分は、常温核融合は、熱の発生もさることながら、実は原子核が他の原子核に変化する、「核変換」現象だったとの理解に達したことだ。
    この考えについて一般向け英語書籍がでているが、日本語でもでている。
    http://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/4-87593-214-6

    意外なことだが、トヨタ自動車は90年代初頭から欧州に核融合の研究施設を持ち、資金をつぎ込んでいる。
    エネルギー問題は実は日本の科学陣営によって原理的には解決済みといってよい。あとは応用の問題と政治問題のハードルとなる。トヨタは、欧米石油資本のトラの尾を踏まぬよう、非常に慎重になっている。
    水野教授の発見の、核変換という概念は決定的に重要だ。錬金術の概念と連続するからだ。

    ・固体内核反応研究[Google]   ・核変換[Google]



    常温核融合 2006
    凝集系科学への展開
    高橋 亮人 著
    2006年 3月25日発売   A5判  184ページ   価格 \2,415(本体 \2,300)
       ISBN978-4-7775-1208-9 C3042 \2300E
    「核変換」はすでに100%再現可能になっている!
     常温核融合は、“夢のクリーン核エネルギー”の発見として、1989~1990年に科学界とマスコミを賑わせました。しかし、再現性の悪さなどから、1994年ごろには世の中から忘れられかけました。しかし、その後も、日本で約50人、世界でも300人が、アメリカ、ロシア、イタリア、中国などで研究を続け、ついに、2004年3月には、イギリス登録の正規学会「凝集系核科学国際学会」(ISCMNS)が発足し、研究者コミュニティーは正式の学会を持つことになりました。この間に、三菱重工の岩村らの「選択的 核変換」実験データの発表、過剰熱時の「ヘリウム」発生の明確な検出が、荒田、マックーブルなどによって報告されるなど、明確な実験データの集積が進みました。一方、理論モデルによる説明も、著者らの「正四面体凝縮によるクラスター核融合モデル」、ハーゲルシュタインやチュブ=チュブによる「コヒーレント核融合モデル」などの展開があり、既存の物理理論と矛盾しない新しい理論モデルの構築が見えてきました。また、起こっている物理現象のカテゴリーも、当初考えられた「低温」核融合とは異なる物理メカニズムであることが認識されるようになりました。
     本書では、当分野の第一人者が、「常温核融合」とその発展系である「凝集系核科学」の最新の研究状況を報告するとともに、著者らの理論を詳しく解説します。
    ■ 主な内容 ■
    内容見本


    第1章  本書を読むための基礎知識
     1-1 キーワードの説明
     1-2 周期表ほか

    第2章  凝集系核現象の研究状況
     2-2 最近の研究のまとめ
    2.2.1  金属重水素系での過剰熱とHe-4発生 2.2.2  「金属重水素系」での「核変換」
    2.2.3  金属軽水素系での過剰熱・核変換 2.2.4  再現性と条件
    2.2.5  秩序ある核反応の理論(強い相互作用) 2.2.6  秩序ある「弱い相互作用」によるトリガー反応理論
    2.2.7  その他の理論 2.2.8  基礎過程実験研究

    第3章  応用への展望
     3-1 分布型クリーン核エネルギー源
     3-2 核変換・核分裂の消滅処理への応用性

    第4章  ICCF12の概要
     4-1 「過剰熱」と「ヘリウム4(He-4)生成」
     4-2 「核変換」セッション
     4-3 核物理的実験のセッション
     4-4 材料条件セッション
     参考文献

    付録:  ボソン化凝縮体の核融合率
     1 基礎理論
     2 具体例:EQPET/TSCモデル
     参考文献


    荒田固体核融合

    常温核融合は本当だった!http://www5b.biglobe.ne.jp/~sugi_m/page284.htm

    常温核融合公開実験のビデオ:New Energy Timesサイト
    http://newenergytimes.com/v2/news/2008/NET29-8dd54geg.shtml
    「 9. Japan's Sputnik? The Arata-Zhang Osaka University LENR Demonstration 」

    ビデオを3分割して
    1.説明(44分)
    http://video.google.com/videoplay?docid=-5242568651652305169
    2.実験(31分)
    http://video.google.com/videoplay?docid=-7962272847393451248
    3.質疑応答(16分)
    http://video.google.com/videoplay?docid=-6764098365227508856
    をgoogleビデオで公開しています。



    太陽光発電
    日本の食糧・エネルギーは完全自給自足の方向に向けなければいけません。
    そのために稲作(田畑)用地を太陽光発電などに使用してはならない、他の方法でもぜひ考えるべきでしょう太陽光発電容量はすごく少ないですよ。 孫氏や地方自治体、商社、政府はこのことに十分配慮してほしいものです。

    また、カルタゴの悲劇が日本に降り掛からなくするためにも日本独自の開発をおこない、強い日本にしてほしいものです。

    (今日の韓・中・露・欧米諸国の反応は、ローマ帝国時の仕打ちを想起させる。
    マスコミの多くは日本人でありながら反日宣伝に明け暮れれている一部の政党・政治家も同じだ。 (カルタゴの滅亡)
    また、
    1995年1月17日 阪神大震災 (村山内閣・社会党連立、河野洋平外務大臣)
    2011年(平成23年)3月11日 東日本大震災 (菅内閣・民主党)
    巨大地震・大津波の大災害当時の首相は、振り返れば両災害とも反日的で日本のカルタゴの滅亡を促進させるような首相・政党であったのでは、
    不思議なものだ 《悪い政治には》 天が罰を与えるのだろうか!。 )


    トリウム原発

    「トリウム熔融塩炉」 中国が独占意欲「トリウム原発」とは
    米国はしたたかに“潜行”、日本の出遅れ感は大きい
    小型トリウム溶融塩炉
    http://www.youtube.com/embed/b-SlUW6w5zk
    http://www.youtube.com/embed/a4WZuR0eiWQ
    http://www.youtube.com/embed/dGatvG9WMz4

    トリウム原発の方が安全だと言う話が圧倒的に多いんですが 圧倒的にお安くて御徳なのに、なぜ普及しないのかと言えば、 高価で核兵器の誘惑から金に糸目を付けずに買いたがる国が 多いウラン原発には、莫大な儲けが有るからなんです。 建設するにも危険ですから過度の安全装置や余計な機材を いやと言うほど取り付ける必要が有り、何兆円という膨大な ビジネスになります。 非常に残念ですが世の中は、全てお金が物を言うんですよね。 トリウム原発よりも更に安くて100%安全なマグネシウム発電と 言うのが有るんですが、これこそ人類を救う理想の技術なんですけど 開発資金が出ないんですよ・・・。 しかも、日本発の天才的発明ですよ。 何しろ、一回建設すれば太陽光をエネルギー源にして無限に 電気が作れる夢のような発電所ですからね。 「マグネシウムとレーザーを用いた再生可能エネルギーサイクル」

    地震研究においても全く同様、東海地震・地震計測定にのみ莫大な資金が流れ、地震予知や他の震源測定には全く資金を流さないようにしている。これでは多くの日本人の生命を守ることすら出来ない。大きなpressure groupの問題点でないでしょうか。

    政府間パネル発表(IPCC)では2050年までに世界エネルギー消費の77%を太陽光、風力発電で供給可能であるとしている。再生可能エネルギー開発が追い風となる。更にバイオマス、地熱、水力発電、波力、潮力といった海洋エネルギーなどについて今後の成長可能性を技術と経済面から検討するとしている。。残念ながらこれでは、日本国や日本国民を守ることすら出来ないpressure groupである原子力各種委員会、地震各種委員会の二の舞となるであろう。



    ● 超伝導ケーブルで電気の節約。、絶対零度-273℃で電気のブラックホール(多量の電気を保管)。、高分子(=C=C=C=)で軽い電線。




    夢のクリーン次世代エネルギーは: →太陽光・風力・地熱・天然ガス発電・燃料電池・光合成・プラズマ核融合、から→
    →→ 「水素エネルギー」、 「極超小型核融合炉」、 「常温核融合」「反重力(Anti-gravity)」、 「テレポーテーション)」、 「ワームホール)」  の世界へ

    (日本国は食料・エネルギーを早急に 完全自給自足、最強の軍事防衛国(反重力宇宙船・無人機「日本版UFO」の開発生産など)にし 戦争のない国にすること。! 現在の欠陥日本は戦争に巻き込まれ 悲劇的敗北する 弱い国 なのです。!  日本国民を 『 パンとサーカス 』 に堕落させ、国家を内部崩壊、衰退没落させては絶対駄目です。国民はくだらないスポーツ・お笑い芸人テレビ番組でうつつとなり魂を抜かされないように。)
    一読推薦: 孫子・三十六計、武士道(新渡戸稲造)、茶の本(岡倉天心)、代表的日本人(内村鑑三)、新渡戸稲造論集、自助論 Self-Help(サミエル・スマイル,竹内均訳)、学問のすすめ(福沢諭吉)、論語、老子・荘子

    「(戦後日本を統治したマッカーサーは上院で日本が太平洋戦争を起こしたことについて 《あれはあくまでも日本にとって自衛のための戦争でしかなかった》 と証言した。 日本に食料・エネルギーが自給自足していたならば、アメリカはエネルギー等の制裁できず戦争は無かったのである)。 」
    一読推薦: 大東亜戦争 肯定論(林房雄) 夏目書房

    予言( ■2014~2015年 ヒットラーの予言!、 ■2015年のノストラダムスの大予言!、 ■ ジュセリーノの大予言!、 )

    ■2015年の予言
     ヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃。結局今の文明は砂漠しか残さない。しかし人類はそれでも滅びない。ドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。
    ■2039年以降の予言
     2039年1月、人類は地球からいなくなっている。
     そして、1月以降、人類は、神のほうに進化し「神人」になる者があらわれる。彼らは数次元以上の知能と能力をもつ、あらゆる危機や問題は『神人』が解決してくれる。残りはただ操られ、働いたり楽しんだりする完全に受動的な「ロボット人間」と化している。「ロボット人間」は「神人」の言いなりになって気楽に生きていける。
    ■2089年から2099年にかけての予言
     「完全な神々だけの世界」と「完全な機械化生物」だけの世界に分かれた世界ができあがる。地上には機械化生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになる……。

    ★2039年に人類が何かの異変か大戦か災害のために、残らず滅びるという意味ではないといっています。人類は、 他の惑星に移住するのか、もしくはアセンションして高次元に生きるのかもしれません。
    ★超人の出現の予言 日本から『神人』が誕生!? 人類は「新しい世界を支配できる超人」を生み出すと予言。その実験場もまた東方=日本であると予言。そして、それは、突然変異によって生まれるといっています。

    オバマ大統領は2030年までに人類 を火星へ送ると発表
    (2030年までには反重力(Anti-gravity)、ワームホール(Wormhole)輸送を確立し、地球大惨事に備えておかなければならない)。
    異星人(or地底人)の存在確認と地球救助をどのようにするかにも関心がある。 (例:地球には宇宙人地底人が来ている

    参考文献その1その2

    世界は一つになりつつありユダヤ人がその頂点になるであろう。
     今は「ひとつの政府」「ひとつの宗教」の世界に向かってるのです。その為に世界政府主義を推進する人々 (イルミナテイ)「NESARAの世界」をつくるべく 動いているようです。 この世界に完全に移行するため、UFO、エイリアン、アセンション、ラプチャーが使われ、演出としては ブルービームも有効に使われているようです.。 つまりUFOは人間が造りだしたもので、宇宙人は地底人なのです。 ただし、ロシアに巨大隕石が落下したとき隕石を破壊したのは決して地球人はできずロシアが調査中である。

     私たちは、一つの世界に向かうように仕向けられている、ということだけは理解しておかなければなりません。 そこに隠されている本当の目的は、西側の新世界秩序と東側の世界秩序との「通貨政策に偽装された」戦いです。 同時に、これは、キャッシュレスの新しい金融システム(それは人工知能によって管理される)へ移行するための節目に当たる「パラダイムの転換」として位置付けておかなければいけません。この人工知能のことを「666」と言います。

    参考文献その1その2その2その2



    Copyright(c) 2001 :ぷらっとさんぽ(-Prattosampo-) 江守孝三(emori kozo)