〔温故知新〕 〔新エネルギー〕 〔夢のクリーンエネルギーTOP〕
(各編) 反重力(Anti-gravity)、 ワームホール(wormhole)、 量子テレポーテーション、
    水素エネルギー、極超小型核融合炉、 プラズマ核融合、 常温核融合、
Pressure group からは避けたいもの) 、  I'm going my way
口コミ話題 好評 -Prattosampo- 
夢のクリーンエネルギー
瞬間遠隔移動 (ジャンプルームからテレポーテーション)
“量子置換”法と呼ぶ時空トラベル方式
SFの世界が実現しそうです

瞬間遠隔移動
量子テレポーテーション (Quantum teleportation)
宇宙旅行もレーザービームに人間の意識を乗せ、光の速さで行うことが可能になる
(地球内だと1秒で、火星だと20分で到達可能)

ワームホール wormhole(Superstring theory)
2030年までにオバマ大統領は人類 を火星へ送ると発表
(地球大惨事に備え大移住計画)
☆天文物理学者のスティーブン・ホーキング氏は、人類は宇宙空間の研究を積極的に行うべきとの見方を示し、
これからの1000年に人類が地球を捨てなかった場合、絶滅の恐れがあるとの見方を示した。
☆ホーキング氏は奇想天外なワームホールの新理論を発表している。現在と過去の橋渡しではなく、
我々の宇宙と無数の平行宇宙との通路としてワームホールが使えると言っている。(「超空間」ミチオ・カク著より)
NASA TV  NASA  ハッブル宇宙望遠鏡  画像  SOHO(太陽)  JAXA日本  JAXATV  画像
   ワームホール(Wormhole), wormhole travel 動画 ワープ(warp) , warp travel 動画
江守孝三
ワームホールgoogle 検索ワームホール(動画)ワームホール(YouTube)
ワームホール理論google 検索ワームホール理論(動画)ワームホール理論(YouTube)
ワームホール原理google 検索ワームホール原理(動画)ワームホール原理(YouTube)
ワームホール作り方google 検索ワームホール作り方(動画)ワームホール作り方(YouTube)

量子テレポーテーション 量子テレポーテーションYouTube
量子コンピューター 量子コンピューターYouTube
東大:完全な量子テレポーテーションに成功 古澤明氏
ジャンプルームからテレポーテーション プロジェクト・ペガサス火星移住
2023年人類火星移住計画 火星移住 SFのような話が・ 人類火星移住計画YouTube
オバマ大統領の火星植民地化計画 火星移住計画YouTube 検索
太陽UFOウェーブは一段と活発化し、超巨大なUFOが度々現れ続けている

ミチオ・カク (Michio Kaku,)「弦理論 (string theory)」(ひも理論、ストリング理論) Superstring theory 超ひも理論の世界(YouTube) Superstring theory ミチオ・カク博士( Time Travel )(YouTube) michio kakuSuperstring theory ワームホール
ミチオ・カク博士は 早い時代からタイム・トラベル学や超ひも理論 テレポーテーション学など最先端を行く量子科学( 量子力学や量子物理学とは異なり量子科学は物質現象と心との関係を解明した新しい学問分野 )者として知られています
物理学の発展を背景に、この15年ほどで脳と心、意識とは何かについての理解が急速に進んだ。今後は日々の記憶や仕事のノウハウを互いに送りあったり、 人間の人格そのものだと考えられる ヒトコネクトーム“神経回路の全体図” をデータとして送信できたりするようになると考えられる。 すると宇宙旅行もレーザービームに人間の意識を乗せ、光の速さで行うことが可能になる。 白熱教室


古澤明 古澤研究室 研究内容 ハイブリッド量子テレポーテーション 論文・解説 TOPICS
古澤研究室では量子光学的手法を用いた量子情報物理の研究をしています。中心的課題は「量子テレポーテーション」です。
量子テレポーテーションとは、波動関数を伝送することですが、普通の「古典的」な方法では不可能です。波動関数を規定するには共役物理量の同時確定が必要ですが、これは量子力学の根幹である不確定性原理に矛盾するからです。量子テレポーテーションでは、EPR(アインシュタイン、ポドルスキー、ローゼン)相関のある光を用いて、この不確定性の壁を回避しています。また、EPR相関は量子コンピューターの「心臓」であることから、量子テレポーテーションの研究は量子コンピューターの研究であるともいえます。
古澤氏らはこの量子テレポーテーション実験に世界で初めて成功し、さらなる高性能化を目指しています。この実験は世界的に注目されており、マイケル・クライトンのSF小説「タイムライン」にも取り上げられました。

図: ハイブリッド量子テレポーテーションの概念図。
単一光子ベースの量子ビットと、光の波の状態を転送する連続量量子テレポーテーションを組み合わせる。
量子テレポーテーションと量子コンピューター
量子力学のパイオニア・古澤明氏に聞く


参考文献
[1] C. H. Bennett et al., Physical Review Letters 70, 1895 (1993).
[2] D. Bouwmeester et al., Nature, 390, 575 (1997).
[3] S. L. Braunstein and H. J. Kimble, Nature 394, 840 (1998).
[4] S. Takeda et al., Nature 500, 315 (2013).
[5] L. Vaidman, Physical Review A 49, 1473 (1994).
[6] S. L. Braunstein and H. J. Kimble, Physical Review Letters 80, 869 (1998).
[7] A. Furusawa et al., Science 282, 706 (1998).
[8] N. Lee et al., Science 332, 330 (2011).
[9] S. Takeda et al., Physical Review A 87, 043803 (2013).
[10] S. Takeda et al., Physical Review A 88, 042327 (2013).

量子テレポーテーション
光子(光の粒子)に乗せた情報を瞬時に他の場所へ転送する技術。物理的に離れた二つの粒子が互いに影響を及ぼしあう「量子もつれ」と呼ばれる物理現象を利用して情報の転送を行うもので、 SFに登場する大きな物質の瞬間移動とは異なる。1997年にオーストリアの研究者によって実証されたが、この時の手法は転送効率が悪く、受け取った情報の転用もできないなど、実用化に向けた大きな課題があった。2013年、 東京大学の 古澤明氏ら研究チームが、 従来の欠点を克服した 完全な「量子テレポーテーション」 に世界で初めて成功。超高速の処理性能を持つ「量子コンピュータ」の基本技術になると期待されている。

光の粒子を宇宙にテレポートさせる実験に成功 量子力学のブレークスルー

中国の科学者が史上初めて宇宙へのテレポートに成功したそうだ。 実験で行われたのは、光子を地球のはるか上空へ転送するというもの。
物体を物理的に上昇させるのではなく、アインシュタインが「不気味な遠隔作用」と述べた量子もつれの奇妙な効果を利用したものだ。 つまり光子についての情報を宇宙の別のポイントへと転送し、物体の忠実な複製を作り出すのである。
■ 長距離間での量子テレポートは史上初
長距離間でこの効果が実験されたのは史上初ことだ。 量子もつれは距離による制約を受けない。
つまり2つの粒子はとんでもない長距離であっても相互に作用することができる。 したがって、これまで実現不可能だったスピードでネットワークを構築する量子インターネットなど、さまざまな分野での応用が考えられる。
これまで情報を伝達するケーブルや信号の問題で、量子テレポーテーションは短距離においてしか実験されてこなかった。 今回は地上から人工衛星への転送実験が行われ、実用化されたテレポーテーションの姿らしきものが示された。
つまり物体を宇宙へ送信し、再び地上へ送り返すのだ。 ある地点からある地点へと送信するには、この経路が比較的クリアなのだという。
「この業績は、世界初となる信頼性の高い超長距離量子テレポーテーション用地上衛星間リンクを確立させる。 世界規模で量子インターネットを実現するには必要不可欠なステップである」と論文で論じられている。
実験に使われた衛星は昨年ゴビ砂漠から打ち上げられた中国の通信衛星「墨子」だ。 地上から光子を宇宙へ送信すると、墨子がそれを捕捉。地上の実験チームは光子を使って地球の上空に浮かぶ衛星と通信できるかどうか実験した。


テレポーテーション学光量子テレポーテーションに成功
量子コンピュータ授業  #1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11 #12 #13 #14 #15
宇宙量子科学(1)  (2)  (3)  (4)  (5)  (6)  (7)  (8)  (9)
Time Travel 学 (1) (2) (3) (4) (5)
タイムトラベル学 (1) (2) (3) (4) (5)
ホーキング博士「膜宇宙論」 (1) (2) (3) (4) (5)
ミチオ・カク (Michio Kaku,)「弦理論 (string theory)」(ひも理論、ストリング理論) Superstring theory 超ひも理論の世界(YouTube) Superstring theory ミチオ・カク博士( Time Travel )(YouTube) 説明 ミチオ・カク博士は 早い時代からタイム・トラベル学や超ひも理論 テレポーテーション学など最先端を行く量子科学( 量子力学や量子物理学とは異なり量子科学は物質現象と心との関係を解明した新しい学問分野です )者として知られています
Superstring theory ワームホール

相対性理論における時間と宇宙の誕生 タイムマシン
http://www.um.u-tokyo.ac.jp/publish_db/2006jiku_design/satou.html#003



出願番号 : 特許出願2013-104030 出願日 : 2013年5月16日
公開番号 : 特許公開2013-254201 公開日 : 2013年12月19日
出願人 : 株式会社東芝 発明者 : リチャード・マーク・スティーブンソン 外4名
発明の名称 : 量子テレポーテーションのためのシステム及び方法

特許公開2013-254201 前頁.PDF
イメージ ID=000002要約:
【課題】入力光子の量子状態の量子テレポーテーションのためのシステムおよび方法を提供する。
【解決手段】偏光エンタングルメント光子対を生成発光ダイオード1と、光子対の一方の光子を第1の、他方を第2の経路に沿って、 導くビームスプリッタと、入力光子のための入力と、第1の経路の光子対の一方の光子と入力光子に対して合同測定を実行する測定部9と、 第1の遅延を測定するように構成される計時部であって、第1の遅延は、入力光子とエンタングルメント光子対の光子が合同測定部を通過するときの、 入力光子と光子対の光子との間の遅延であり、第2の遅延は発光ダイオードを出るときの2つの光子間の遅延時間である、計時部と、 第1の遅延が第1の所定のタイミングウィンドウ内にあり、かつ、第2の遅延が第2の所定のタイミングウィンドウ内にある場合に、 テレポーテーション測定が有効であることを決定するコントローラと、を具備する。
項番 公開番号/登録番号 発明の名称
1. 特許公開2013-254201 量子テレポーテーションのためのシステム及び方法
2. 特許公開2013-238832 位相差を用いた位相変調光子のフアイバー伝送法
3. 特許公開2007-335503 量子メモリ装置および通信情報設定システム
4. 特許公開2007-329344 量子メモリ装置および通信情報設定システム
5. 特許公開2005-172910 量子状態生成装置、量子テレポーテーション装置及び制御NOT演算装置
6. 特許公開2004-349833 量子匿名送信装置、量子匿名受信装置、量子状態配布装置、量子匿名通信方法、及びプログラム

量子テレポーテーション日本特許出願状況


ある人物からの予言
■2014~2016年の予言
 ヨーロッパの3分の1とアメリカの3分の1が荒廃してしまう。アフリカと中東も完全に荒廃。結局今の文明は砂漠しか残さない。しかし人類はそれでも滅びない。ドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深い傷を負いながらも生き残る。
■2039年以降の予言
 2039年1月、人類は地球からいなくなっている。
 そして、1月以降、人類は、神のほうに進化し「神人」になる者があらわれる。彼らは数次元以上の知能と能力をもつ、あらゆる危機や問題は『神人』が解決してくれる。残りはただ操られ、働いたり楽しんだりする完全に受動的な「ロボット人間」と化している。「ロボット人間」は「神人」の言いなりになって気楽に生きていける。
■2089年から2099年にかけての予言
 「完全な神々だけの世界」と「完全な機械化生物」だけの世界に分かれた世界ができあがる。地上には機械化生物の群れが住み、神々がそれを宇宙から支配するようになる……。

★2039年に人類が何かの異変か大戦か災害のために、残らず滅びるという意味ではないといっています。
人類は、他の惑星に移住するのか、もしくはアセンションして高次元に生きるのかもしれません。 (例:小惑星アポフィスの衝突アインシュタイン第四次世界大戦予言
★超人の出現の予言 日本から『神人』が誕生!?
人類は「新しい世界を支配できる超人」を生み出すと予言。その実験場もまた東方=日本であると予言。そして、それは、突然変異によって生まれるといっています。

オバマ大統領は2030年までに人類 を火星へ送ると発表
(2030年までには反重力(Anti-gravity)、ワームホール(Wormhole)輸送を確立し、地球大惨事に備えておかなければならない)。
異星人(or地底人)の存在確認と地球救助をどのようにするかにも関心がある。 (例:地球には宇宙人地底人が来ている

参考文献その1その2

世界は一つになりつつありユダヤ人がその頂点になるであろう。
 今は「ひとつの政府」「ひとつの宗教」の世界に向かってるのです。その為に世界政府主義を推進する人々 (イルミナテイ)「NESARAの世界」をつくるべく 動いているようです。 この世界に完全に移行するため、UFO、エイリアン、アセンション、ラプチャーが使われ、演出としては ブルービームも有効に使われているようです.。 つまりUFOは人間が造りだしたもので、宇宙人は地底人なのです。 ただし、ロシアに巨大隕石が落下したとき隕石を破壊したのは決して地球人はできずロシアが調査中である。

 私たちは、一つの世界に向かうように仕向けられている、ということだけは理解しておかなければなりません。 そこに隠されている本当の目的は、西側の新世界秩序と東側の世界秩序との「通貨政策に偽装された」戦いです。 同時に、これは、キャッシュレスの新しい金融システム(それは人工知能によって管理される)へ移行するための節目に当たる「パラダイムの転換」として位置付けておかなければいけません。この人工知能のことを「666」と言います。

参考文献その1その2その2その2

『ポールシフトで20年以内に人類滅亡する』ウィキリークスでまたもやヒラリー陣営メールが暴露される
もうすぐ宇宙滅亡? LHC実験による『現存するパラレルワールド発見』間近で
ヒラリー側近と元宇宙飛行士の“極秘UFOメール”がウィキリークスで流出! 『人間と宇宙人は…』衝撃の暴露!
惑星x(惑星ニビル)YouTube, (検索)(宇野晴美, 惑星ニビル)
〇 ヒラリー側近の『極秘UFOメール』
YouTube, (検索)

補足


Copyright(c) 2001 :ぷらっとさんぽ(-Prattosampo-)  江守孝三(Emori Kozo)