論語(先進 第十一)English,French,German,Japanese- Analects of Confucius《論語のすべて(論語はあらゆる教育の聖書バイブルBible)論 語 Rongo 訳(原文,読み下し,日本語 Japanese ,英語 English ,フランス語 French,ドイツ語 German):論語、Analects、Entretiens de Confucius、Analekten des Konfuzius

論語のすべて   【 論語はあらゆる教育の聖書(バイブル)Bible】  論語は日本の文化
論 語 Rongo :原文、読み下し、日本語 Japanese 、英語 English 、フランス語 French、ドイツ語 German
序文 學而第一 為政第二 八佾第三 里仁第四 公冶長五 雍也第六 述而第七 泰伯第八 子罕第九 郷党第十 先進第十一 顔淵第十二 子路第十三 憲問第十四 衛霊公第十五 季氏第十六 陽貨第十七 微子第十八 子張第十九 尭曰第二十

Analects of Confucius、Entretiens de Confucius、Analekten des Konfuzius


論 語  (先進 第十一)   孔子の弟子批評と愛情

-------------------------
先進 第十一

11-01

子曰、先進於禮樂野人也、後進於禮樂君子也、如用之、則吾從先進、

いわく、先進せんしん礼楽れいがくにおけるや、野人やじんなり。後進の礼楽におけるや、君子なり。もしこれを用うるには、われは先進にしたがわん。

English
French
German



11-02

子曰、從我於陳蔡者、皆不及門者也、徳行顔淵閔子騫冉伯牛仲弓、言語宰我子貢、政事冉有季路、文學子游子夏、

いわく、われにちんさいに従いし者は、みな門に及ばざりき。徳行とくこうには顔淵がんえん閔子騫びんしけん冉伯牛ぜんはくぎゅう仲弓ちゅうきゅう。言語には宰我さいが子貢しこう政事せいじには冉有ぜんゆう季路きろ。文学には子游しゆう子夏しかありき。






11-03

子曰、囘也非助我者也、於吾言無所不説、

いわく、回や、われを助くる者にあらざるなり。わが言においてよろこばざるところなし。






11-04

子曰、孝哉、閔子騫、人不問於其父母昆弟之言、

いわく、孝なるかな閔子騫びんしけん。人、その父母昆弟こんていかんするの言あらず






11-05

南容三復白圭、孔子以其兄之子妻之、

南容なんよう、三たび白圭はくけいふくす。孔子、その兄の子をもってこれにあわす。






11-06

季康子問、弟子孰爲好學、孔子對曰、有顔囘者、好學、不幸短命死矣、今他則亡、

季康子きこうし問う、弟子ていしたれか学を好むとなす。孔子対えて曰く、顔回がんかいなる者ありて学を好む。不幸、短命たんめいにして死せり。今やすなわちなし。






11-07

顔淵死、顔路請子之車以爲之椁、子曰、才不才、亦各言其子也、鯉也死、有棺而無椁、吾不徒行以爲之椁、以吾從大夫之後、不可徒行也、

顔淵がんえん死す。顔路がんろの車をい、もってこれがかくつくらんとす。いわく、才、不才あるも、またおのおのそのと言うなり。や死せしとき、かんありてかくなし。われ徒行とこうしてもってこれがかくつくらざりしは、われは大夫のしりえに従い、徒行すべからざりしをもってなり。






11-08

顔淵死、子曰、噫天喪予、天喪予、

顔淵がんえん死す。いわく、ああ、天、われをほろぼすか。天、われをほろぼすか。






11-09

顔淵死、子哭之慟、從者曰、子慟矣、子曰有慟乎、非夫人之爲慟、而誰爲慟、

顔淵がんえん死す。子、これをこくしてどうす。従者じゅうしゃ曰く、子、どうするか。曰く、どうあらんには、かの人のためにどうするにあらずして、がためにせん。






11-10

顔淵死、門人欲厚葬之、子曰、不可、門人厚葬之、子曰、囘也視予猶父也、予不得視猶子也、非我也、夫二三子也、

顔淵がんえん死す。門人、厚くこれをほうむらんと欲す。いわく、不可なり、と。門人、厚くこれをほうむれり。いわく、かいや、われを視ることなお父のごとかりき。われは視ることなお子のごとくするを得ず。われにあらざるなり。かの二三子にさんしなり。






11-11

季路問事鬼神、子曰、未能事人、焉能事鬼、曰敢問死、曰未知生、焉知死、

季路きろ鬼神きしんつかうるを問う。いわく、いまだ人につかうるあたわず、いずくんぞよくつかえん。曰く、あえて死を問う。曰く、いまだせいを知らず、いずくんぞ死をらん。






11-12

閔子騫侍側、誾誾如也、子路行行如也、冉子子貢侃侃如也、子樂、曰、若由也不得其死然、

閔子びんしかたわらす、誾誾如ぎんぎんじょたり。子路しろ行行如こうこうじょたり。冉有ぜんゆう子貢しこう侃侃如かんかんじょたり。子楽しむ。ゆうのごとくんば、その死然しぜんを得ざらん。






11-13

魯人爲長府、閔子騫曰、仍舊貫如之何、何必改作、子曰、夫人不言、言必有中、

魯人ろひと長府ちょうふつくらんとす。閔子騫びんしけん曰く、旧貫きゅうかんによらば、これをいかんせん。なんぞ必ずしも改めつくらん。いわく、かの人言わず、言えば必ずあたるあり。






11-14

子曰、由之鼓瑟、奚爲於丘之門、門人不敬子路、子曰、由也升堂矣、未入於室也、

いわく、ゆうしつ、なんすれぞきゅうの門においてせん。門人、子路しろを敬せず。いわく、由や、堂にのぼれり。いまだ室にらざるのみ。






11-15

子貢問、師與商也孰賢乎、子曰、師也過、商也不及、曰、然則師愈與、子曰、過猶不及也、

子貢しこう問う、しょうといずれかまされる。いわく、師や過ぎたり。商や及ばず。曰く、しからばすなわち師まされるか。いわく、過ぎたるはなおおよばざるがごとし。






11-16

季氏富於周公、而求也爲之聚斂而附益之、子曰、非吾徒也、小子鳴鼓而攻之、可也、

季氏きし周公しゅうこうよりも富む。しこうしてきゅうや、これがために聚斂しゅうれんしてこれに附益ふえきす。いわく、わがにあらざるなり。小子しょうしを鳴らしてこれを攻めてなり。






11-17

柴也愚、參也魯、師也辟、由也喭、

さいしんへきゆうがんなり。






11-18

子曰、囘也其庶乎、屡空、賜不受命而貨殖焉、億則屡中、

いわく、かいやそれしばしばむなしきにちかは命を受けずして貨殖かしょくす。はかればすなわちしばしばあたる。






11-19

子張問善人之道、子曰、不踐迹、亦不入於室、

子張しちょう、善人の道を問う。いわく、あとまざれば、またしつに入らず。






11-20

子曰、論篤是與、君子者乎、色莊者乎、

いわく、論のあつきにこれくみす、とあり。君子者くんししゃか、色荘しきそうなる者か。






11-21

子路問、聞斯行諸、子曰、有父兄在、如之何其聞斯行之也、冉有問、聞斯行諸、子曰、聞斯行之、公西華曰、由也問、聞斯行諸、子曰、有父兄在、求也問、聞斯行諸、子曰、聞斯行之、赤也惑、敢問、子曰、求也退、故進之、由也兼人、故退之、

子路しろ、聞けばここにこれを行う、(の語)を問う。いわく、父兄のいますあり、これをいかんぞそれ、聞いてここにこれを行なわんや。冉有ぜんゆう、聞けばここにこれを行なう、を問う。いわく、聞いてここにこれを行なうなり。公西華こうせいか曰く、ゆうや、聞けばここにこれを行なう、を問いしに、子曰く、父兄のいますあり、と。求や、聞けばここにこれを行なう、を問いしに、子曰く、聞いてここにこれを行なうなり、と。せきや惑う。あえて問う。いわく、きゅうや退く。ゆえにこれを進む。ゆうや人をぬ。ゆえにこれを退く。






11-22

子畏於匡、顔淵後、子曰、吾以女爲死矣、曰、子在、囘何敢死、

子、きょうす。顔淵がんえんおくる。いわく、われなんじをもって死せりとなす。曰く、子います。かい、なんぞあえて死せん。






11-23

季子然問、仲由冉求、可謂大臣與、子曰、吾以子爲異之問、曾由與求之問、所謂大臣者、以道事君、不可則止、今由與求也、可謂具臣矣、曰、然則從之者與、子曰、弑父與君、亦不從也、

季子然きしぜん、問う。仲由ちゅうゆう冉求ぜんきゅう大臣だいしんと謂うべきか。いわく、われは子をもって、異なるをこれ問うとなす。すなわちゆうきゅうとをこれ問う。いわゆる大臣なる者は、道をもって君につかえ、きかれざればすなわちむ。今、由と求や、具臣ぐしんと謂うべきなり。曰く、しからばすなわちこれに従う者か。いわく、父と君とをしいするには、また従わざるなり。






11-24

子路使子羔爲費宰、子曰、賊夫人之子、子路曰、有民人焉、有社稷焉、何必讀書然後爲學、子曰、是故惡夫佞者、

子路しろ子羔しこうをしてさいたらしむ。いわく、かの人の子をそこなう、と。子路曰く、民人みんじんあり、社稷しゃしょくあり、なんぞ必ずしも書を読んで、しかるのちに学となさん。いわく、このゆえにかの佞者ねいしゃにくむ。






11-25

子路曾皙冉有公西華、侍坐、子曰、以吾一日長乎爾、無吾以也、居則曰、不吾知也、如或知爾則何以哉、子路率爾對曰、千乘之國、攝乎大國之間、加之以師旅、因之以飢饉、由也爲之、比及三年、可使有勇且知方也、夫子哂之、求爾何如、對曰、方六七十、如五六十、求也爲之、比及三年、可使足民也、如其禮樂、以俟君子、赤爾何如、對曰、非曰能之也、願學焉、宗廟之事、如會同、端章甫、願爲小相焉、點爾何如、鼓瑟希、鏗爾舎瑟而作、對曰、異乎三子者之撰、子曰、何傷乎、亦各言其志也、曰、莫春者春服既成、得冠者五六人童子六七人、浴乎沂、風乎舞雩 、詠而歸、夫子喟然歎曰、吾與點也、三子者出、曾皙後、夫三子者之言何如、子曰、亦各言其志也已矣、曰、夫子何哂由也、子曰、爲國以禮、其言不譲、是故哂之、唯求則非邦也與、安見方六七十如五六十而非邦也者、唯赤則非邦也與、宗廟之事如會同非諸侯如之何、赤也爲之小相、孰能爲之大相、

子路しろ曾晳そうせき冉有ぜんゆう公西華こうせいか侍坐じざす。いわく、われ一日なんじに長ずるをもって、われをもってするなかれ。りてはすなわち曰く、われを知らざるなり、と。もしなんじを知るものあらば、すなわち何をもってせんや。子路、率爾そつじとしてこたえて曰く、千乗せんじょうの国、大国のあいだはさまれ、これに加うるに師旅しりょをもってし、これによるに饑饉ききんをもってす。ゆうやこれをおさめ、三年に及ぶころおい、勇ありてかつほうを知らしむべきなり。夫子、これをわらう。求、なんじはいかん。対えて曰く、ほう、六、七十、もしくは五、六十、求やこれをおさめ、三年に及ぶころおい、民を足らしむべし。その礼楽のごときは、もって君子をたん。せき、なんじはいかん。対えて曰く、これをよくすると曰うにはあらず。願わくはこれを学ばん。宗廟の事、もしくは会同かいどうに、端章甫たんしょうほして、願わくは小相とならん。点、なんじはいかん。しつを鼓することまれなり。鏗爾こうじとして瑟をいてつ。対えて曰く、三子者さんししゃの撰に異なり。いわく、なんぞいたまんや。またおのおのその志を言うなり。曰く、暮春ぼしゅんには、春服すでに成る。冠する者五、六人、童子六、七人、に浴し、舞雩ぶうに風し、えいじて帰らん。夫子、喟然きぜんとして歎じて曰く、われは点にくみせん。三子者出ず。曾晳そうせきおくる。曾晳そうせき曰く、かの三子者の言はいかん。いわく、またおのおのそのこころざしを言うのみ。曰く、夫子、なんぞ由をわらうや。曰く、国をおさむるには礼をもってす。その言ゆずらず。このゆえにこれをわらう。ただ求はすなわち邦にあらざるか。いずくんぞほう六、七十、もしくは五、六十にして、邦にあらざる者を見んや。ただ赤はすなわち邦にあらざるか。宗廟そうびょう会同かいどうは諸侯にあらずしてなんぞ。赤やこれが小たらば、たれかよくこれがだいとならん。





論 語 (先進 第十一 )  終

[TOP]



孔子は、よきリーダーとなるために
人間としての「徳」を身につけなさい、そのための努力をしなさいと説いています。
四書五経は日本の文化論語は小学生から学ぶ必須の書
( 人は心で動く ) ( 利をみて義を思う )

上に立つ者(リーダー)は、それなりの器量と人格がなくてはいけません

  ・仁 (思いやりの心)
  ・義 (人間としての正しいすじ道)
  ・礼 (他の人に敬意を示す作法)
  ・勇 (決断力)
  ・智 (洞察力、物ごとを判断する働き)
  ・謙 (謙虚、つつましくひかえめ)
  ・信 (うそをつかない約束を守る)
  ・忠 (まごころ)
  ・寛 (寛容、心が広く人のあやまちを受け入れる)

の自分を律する倫理性(徳)をもたなければならないと孔子は説いています。



(姉妹篇): 論 語 Rongo :原文、読み下し
序文學而第一(学問のすすめ)為政第二(政治)八佾第三(禮楽)里仁第四(仁と徳)公冶長第五(政治家人物評) 雍也第六(人物評・人生論・学問論)述而第七(孔子)泰伯第八(古代聖帝)子罕第九(孔子の言行人格)郷党第十(孔子の生活態度)先進第十一(孔子の弟子批評と愛情)顔淵第十二(孔子と弟子たちの問答)子路第十三(政治と道徳)憲問第十四(政治家人物論)衛霊公第十五(孔子の教えの数々)季氏第十六(孔子の言葉)陽貨第十七(孔子の金言)微子第十八(孔子の周辺について記述)子張第十九(弟子たちの言葉)尭曰第(天命の伝承)

参考資料
論語-日本語WikiEnglish-WikiFrancais -WikiDeutsch -Wiki
This site contains the Lun Yu (499 sayings of Confucius) in 23 languages
論語confucius-multi-Lingual(孔学出版社)

中國哲學書電子化計劃-諸子百家(Chinese Text Project)
論語Analects of Confucius-繁伜 Chinese Wiki
WEB漢文大系

四書五経は日本の文化(朱熹集註) 論語はあらゆる教育の聖書[バイブル](総合) 論語(原文,素読)論語論語(日本語)論語(Analects of Confucius)A B(素読の思い出) (すらすら読める論語) (マンガ論語完全入門) (論語:宮崎市定)大学(だいがく)中庸(ちゅうよう)四書五経-日本語Wiki論語-日本語Wiki老子荘子空海 (論語指導士養成講座 1~24)

[TOP]


Copyright(c) 2001: ぷらっとさんぽ(-Prattosampo-)    江守孝三(Emori Kozo)